ハローワークはニートにとって怖い?できることや職員などを解説!

社会生活から長い期間離れているニートにとって、仕事探しに動き出すことにはある程度の負担を感じる時もあるでしょう。一方でいい加減仕事を見つけなければと焦る人もいるのではないでしょうか。

就職を支援するサービスの中でもハローワークは、国が運営するものです。ただニートの中にはハローワークを怖い場所と思う人もいるとのことですが、実際ニートにとって怖いのでしょうか。

今回はハローワークが本当にニートにとって怖いのかを見ていきます。なお今回の記事は、以下の人におすすめです。

  • 仕事探しをしようと考えている人
  • ハローワークに怖いイメージを持っている人
  • ハローワークについて色々知りたい人
目次

ハローワークはニートにとって本当に怖い場所なのか?

ハローワークはニートにとって本当に怖い場所なのか?

ニートが就職活動する際、色々な方法があります。中でも「ハロワ」として知られるハローワーク(公共職業安定所)は、国直轄の就業支援サービスです。

ただニートの中には社会生活から離れていた期間が長い分、ハローワークを「怖い場所」と思ってしまう人もいますよね。一方で「本当に怖いのか?」と思う人もいるでしょう。

まずハローワークについて簡単に説明していきます。

ハローワークとは国直轄の就労支援機関

まずハローワークは、国(厚生労働省)が直轄している就労支援機関です。全国の544ヶ所に展開しているため、割と住んでいる地域で見かけます。

また地域によって自治体も運営している「ふるさとハローワーク」もあり、近くにない人におすすめです。他にも若者などに特化したきめ細かいサービスもあります。

求人探しや職業訓練などの手続きが可能

ハローワークではできることが多いです。求人探しはもちろん、職員への相談や選考対策などでも対応して貰えます。

職員への相談では求人関係の質問だけではなく、仕事への適性についても質問しやすいです。就職活動を始めようと考えているニートにとっても、最初の行動に向けた判断材料に活かせます。

他にもセミナーや職業訓練も充実しているため、無料でスキルやキャリアを磨けるものも多いです。職業訓練については、条件により給付金が支給されます。

失業保険(雇用保険)関係の手続きもハローワークが窓口

ハローワークは単に仕事を探せるだけではなく、失業保険関係の窓口もある場所です。前の職場をやむを得ない事情で退職した人も専用の窓口に行けば、失業保険受給への手続きができます。

失業保険は自己都合退職の場合、退職日以前の2年間で通算1年以上加入していた失業者が受給対象です。なお会社都合退職の場合は、より条件が緩和されます。

ニート生活が最近始まって間もなく、かつ手続きしていない人は是非窓口に顔を出すと良いでしょう。

インターネットサービスであれば全国の求人を探せる

ハローワークと聞くと「直接出かけないと仕事が見つからない」と思う人もいますよね。実はインターネットサービスを使えば、家などにいながら求人を探せます。

募集中であれば、地元だけではなく全国の求人を探しやすいです。近くに希望の条件に合わない求人が多くても、他地域で合う求人を見つけられる場合もあるでしょう。

ニートなどにとってハローワークが怖いと感じられる理由5つ

ニートなどにとってハローワークが怖いと感じられる理由5つ

ハローワークは職探しやキャリアアップなどができる便利な施設です。しかしニートなどの中には、「怖い場所」と感じて敬遠する人も少なくありません。

しかしあまり怖がってばかりいると、利用する気が起きませんよね。気軽に利用するには、怖く感じる原因を知るのがおすすめです。

お役所の堅いイメージで相談しづらいから

まず「堅いお役所」というイメージがあります。確かに国が運営している以上、ハローワークは役所と言えるでしょう。

そして役所には真面目で堅いイメージがある分、気軽に行けないとも思われがちです。ただ実際には国が運営している施設とは言え、職員は親身である上に落ち着いて相談しやすくなっています。

窓口で職員に説教や指摘などをされそうで怖いから

また「窓口で職員に説教されそうで怖い」と思う人もいますよね。特にニートの人にとっては、「長く無職だったり家で過ごしてばかりだったことを指摘されるのでは」と構えがちでしょう。

確かに口コミでは職員の中に説教や嫌味を言ってきた例もあります。しかし大部分の職員は優しく接するため、心を開いて相談などして大丈夫です。

今までニート期間や職に就いていなかった期間があっても、職員の前で後ろめたさを感じる必要はほとんどありません。

ニートでも大丈夫な求人があるか不安だから

さらに「ニートでも大丈夫な求人があるか」で心配な人も安心して大丈夫です。扱っている求人にはニートが安心できるものもたくさん用意されています。

地域によって数の上で差はあるものの、中小企業求人を中心に全体で数千件から1万件以上と多いです。職種も工業やサービス関係など多岐にわたります。

加えて国が運営している分、ニートであることを理由に求人紹介しないケースは発生しません。安心して求人探しできるでしょう。

ブラック企業の求人を紹介されそうだから

「ブラック企業の求人を紹介されそう」と感じて、ハローワークを使いたくない人もいますよね。確かに中小企業の求人が多いため、ブラックな求人がありそうに思ってしまうでしょう。

しかし同施設では労働基準法に触れる求人は紹介しません。基本的にブラック企業の求人は労働法に違反する内容になっているため、紹介の前に却下されやすいです。

もし求人票を見て不安になる点があれば、職員に相談して対応して貰うと良いでしょう。

態度の悪い職員の噂が多いから

最後に態度の悪い職員の噂が多い点も怖く感じる点です。職員も若い人から年配の人まで色々いる分、場合によって感じの悪そうな職員が担当になります。

しかし態度の悪い職員は全体ではかなり少ないです。基本的に親身で利用者のために動いてくれる人の方が多いため、信頼して問題ありません。

加えて態度の悪い職員の話は、基本的に噂でしかないケースも多いです。行く前から構える必要はないでしょう。

実際にハローワークは怖い場所なのか?ハローワークのリアルな特徴6つ

実際にハローワークは怖い場所なのか?ハローワークのリアルな特徴6つ

色々な理由で怖くないことに触れても、中には「本当に大丈夫なのか?」と疑う人もいますよね。本当にハローワークは怖くない場所なのでしょうか。

以下にご紹介するリアルな特徴6点から見ていきます。

ニートでもハローワークは利用できる

ニートの人の中には、「ハローワークは自分でも使えるのか?」という疑問がある人もいますよね。あるいはニートを理由に門前払いされるのではないかと考える人もいるでしょう。

まずニートでも利用可能です。同施設は求人探しを目的とする人であれば誰でも支援を受けられます。

加えて国が運営している公的施設であるため、特定の人々に対する差別的な対応は禁止です。ニートであることを理由に施設への立ち入りや求人探しができないということはありません。

以上の理由から、ニートでも安心して利用できます。

用件や疑問点は総合受付で聞けば良い

また来所したのは良いものの、まず誰に声を掛ければ良いのか悩む人もいますよね。用件などがある場合は、総合受付で問い合わせるのがおすすめです。

総合受付には職員の人がいるため、用件を伝えれば対応して貰える窓口の案内などをしてくれます。また施設を使っていて分からない時の疑問にも答えて貰える点でも便利です。

なお対応窓口を案内される場合は番号札を渡されます。順番が巡ってきたら、案内された窓口まで出向くと良いでしょう。

ハローワークの雰囲気は割と賑やか

ハローワークは役所の1つである分、堅そうな雰囲気で不安になる人もいますよね。実は同施設の雰囲気は賑やかです。

まず施設内には大勢の求職者が来ており、窓口で相談する声も頻繁に聞こえてきます。また別の部屋でセミナーや模擬面接が開催されている点でも、沈黙ばかりの状態からは縁遠いです。

施設によっては授乳室や保育室などを備えたマザーズコーナーもある分、子供たちの声も聞こえてくるでしょう。いずれにしても「賑やかなお役所」という印象を受けるほど賑やかな場所です。

ハローワークの職員は怖いどころか基本的に親身

「職員は本当に怖くないのか」という疑問を感じる人もいるでしょう。実際職員は怖くないどころか基本的に親身です。

基本的に優しく親切であるため、あまり怖がる必要がないでしょう。最初の職業相談で職歴や空白期間について聞かれるものの、あくまでも今後の支援に活かすためにすぎません。

ハローワークの利用者は様々

ハローワークの利用者は実に様々です。年齢で見ても20代後半から50代が主で、中には子供を連れた主婦の人も大勢います。

同時に利用者はほぼ全員、求人検索のパソコンや職業相談など自分の課題に手一杯です。たとえニートの状態で来所してもじろじろ見られることもない分、人目を気にせずに済みます。

一言でまとめれば、仕事の口を求めて様々な境遇の人が来ている場所です。ニートとして利用してもおどおどせずに済むでしょう。

ハローワークの求人は基本的に中小企業のものが多い

最後に募集している求人は中小企業のものが多めです。求人を無料で出せるため、たとえ事業規模が極端に小さい事業所でも、採用活動がしやすくなっています。

加えて地域密着の求人が多い傾向にあるため、地元を離れないで仕事できるケースも多いです。生まれ育った地域を離れずに定職に就きたい人にはおすすめでしょう。

ハローワークを利用する際に必要な物を紹介

ハローワークを利用する際に必要な物を紹介

ハローワークに行く際、持ち物や服装について気になる人もいますよね。実は必要な物は特別な時を除けば、特に気にしなくて大丈夫です。

服装は普段着でOK

まず服装については普段着で問題ありません。特に求人検索や職業相談が来所目的の場合は、職員からも服装については特に何も言われずに済みます。

ただ着ていく服は、なるべく清潔感の感じられるものが良いでしょう。普段着で良いとは言え、あまり汚れなどが目立つ服装は他の利用者に対して迷惑になるためです。

面接の練習をする場合はスーツがおすすめ

なお面接の練習をする際は、スーツがおすすめでしょう。明確な決まりではないものの、面接の雰囲気を少しでも感じ取ったり、服装関係の適切なアドバイスを受けやすくなったりするためです。

特に失業保険を受給していたり職業訓練中だったりする場合は、練習時にスーツを着ることで本気度を伝えられます。職員からの心象もより良くできるでしょう。

持ち物は筆記用具や履歴書など

一方持ち物についても特に決まりはなく、筆記用具やメモ帳、クリアファイルがあれば十分です。必要な情報をメモしたり、発行して貰った紹介状を保管する際に使います。

なお面接の練習や応募書類の添削をして貰う場合は、履歴書や職務経歴書など必要な書類を持参するべきです。他にもセミナーを受ける際は、ノートもあればなお良いでしょう。

失業保険関係の手続きでは身分証や印鑑も必要

一方失業保険関係の手続きでは、必要な持ち物が多めです。主に以下のような物の持参を求められます。

  • 身分証(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • 離職票
  • 雇用保険の保険証
  • 印鑑
  • 通帳
  • 写真2枚
  • 失業認定申告書
  • 雇用保険受給資格者のしおり
  • ハローワークカード
  • 求職申込書

以上のように種類が多いため、来所する前に忘れ物がないかを良く確認することが大切です。

ハローワークを利用する際に注意したい4点

ハローワークを利用する際に注意したい4点

親身な支援も受けられる分、基本的にハローワークは気軽に利用できます。ただ一方で以下の4点に注意が必要です。

基本的に利用の目的を明確にする

まず来所する際に利用の目的を明確にするべきでしょう。ハローワークでは確かに様々な支援を受けられるものの、基本自分から動くことが前提になっているためです。

言い換えれば、職員の人が全て手取り足取り動いてくれるわけではありません。自分が望む就職活動の進め方を予め決めた上で、今必要な行動を把握すると良いでしょう。

職員でも態度の悪い人はいる

また職員でも態度の悪い人はいます。ハローワークが全国に544ヶ所設置されている分、職員の数も膨大です。

加えて職員には年配の人も多く、中にはニートに対して理解がない人もいます。相談で怒られることはあまりないものの、職探ししていなかったことに嫌味を言われる場合がある点は理解した方が良いでしょう。

ニートへの嫌味以外にも、対応に誠意がないこともあります。職員が多い分、まれにあり得ることではあるものの、不快な場合は苦情申し立てするのもありです。

たまにブラック企業の求人もある

ハローワークの求人では基本的にブラック企業の求人はありません。しかしごくまれに内容がブラックなものは存在します。

あくまで労働法に触れる求人は載せないものの、求人掲載の審査も比較的厳しくはありません。つまり労働法に触れていないものの、違法性が見られるか微妙な求人もたまにあります。

特に掲載期間がやたらと長かったり、目にする機会が多かったりする求人は要注意です。短期間で人が多く辞めている可能性がある求人として警戒するべきでしょう。

面接は極力キャンセルしないこと

最後にハローワークで紹介して貰った求人の面接は、極力キャンセルしないようにするべきです。無断でキャンセルした場合、全国のハローワークに記録が残ります。

仮に無断キャンセルした場合、職員から注意されたり今後の求人紹介を断られたりするなど悪影響が及びがちです。体調不良などでキャンセルする場合は、事前に応募辞退の連絡をするべきでしょう。

ハローワークが極端に怖い場合にできる3つのこと

ハローワークが極端に怖い場合にできる3つのこと

ハローワークは基本的に怖くないと分かっていても、様々な理由から極端に怖いと思う人もいますよね。もしハローワークの利用に気が乗らない場合は、以下の方法もおすすめです。

求人検索はインターネットサービスでもできる

まず求人検索はインターネットサービスでもできます。使い方は簡単で、パソコンやスマートフォンからハローワークのページに移動するだけです。

なおネット環境が整っている場所であれば、カフェや電車の中でも検索できます。人と接するのが苦手なことを理由に、ネットで求人探ししたい人におすすめです。

ただし実際の応募はハローワークの窓口だけで行える点は理解しておくべきでしょう。

条件に該当する場合はハローワークの特化サービスを利用してみる

ハローワークには特定の人向けの求人を紹介する特化サービスもあります。代表的なサービスは以下の通りです。

  • わかものハローワーク:主に20~39歳の人
  • マザーズハローワーク:子育て中の男女
  • 新卒応援ハローワーク:新卒学生・第二新卒

特定の層に当てはまる人に合った求人の紹介や就職支援を行っているため、職員も対象となる人たちの気持ちやニーズを良く理解しています。普通の職業相談で相談しづらい場合に活用してみるのもおすすめです。

転職サイトの利用も考えてみる

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職サイトを利用すると、効率よく転職活動を進められるでしょう。

空いた時間でもスマホ1つで求人を探すことができるので、移動時間やお昼休みなどに非常に有意義に時間を使うことができます。

転職サイトを使う場合は、リクナビNEXTが最も使えるのでおすすめです。

リクナビNEXTがおすすめの理由
  1. 求人数が転職サイトの中でNo.1
  2. リクナビ特有の独占求人が非常に多い
  3. 約8000通りの自己分析診断も受けられる
少しずつ転職活動を始めていきたい方は、是非登録してみて下さいね。

\ 登録はサクッと簡単 /

まとめ

今回はニートにとってハローワークが怖い場所なのかについてを、施設でできることなどから見てきました。ハローワークは求人探しや職業訓練など、就職関係であれば色々できる施設です。

加えて職員もほとんど親身である上、ニートであっても求人探しをしたり彼らが働ける求人を見つけられたりできます。服装や持ち物も基本的に最低限のものがあれば大丈夫です。

注意すべき点は幾つかあるものの、ニートにとってもハローワークは利用しやすくなっています。安心して仕事探しなどに活用してみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる