MENU

ジーテクトに転職するには?企業情報や転職のポイントを徹底解説

ジーテクトへの転職を考えている場合、転職情報や社風はどうなのかが気になるものです。

本記事では、ジーテクトの企業情報や転職のコツなどを紹介します。

この記事を読むことで、ジーテクトへの転職時に注意すべき点や、転職時のポイントがわかるようになりますよ。

ぜひ参考にして下さいね。
目次

ジーテクトって?企業情報や特徴

ホンダ系の車体部品メーカーであり、部品設計から生産に必要な金型の作成、そして部品の大量生産をしているジーテクトの詳しい事業内容や年収など企業情報を紹介します。

ジーテクトの事業内容

ジーテクトとは、埼玉県に本社がある車体部品の専門メーカーです。

主要株主は本田技研工業となっており約30%の株を保有しています。
ジーテクトの事業は、車体部品の製造、トランスミッション部品の製造、されにこれらの部品の金型の制作など、製造している物に関しては大きく分けて以下の3つとなっています。

クルマの骨格部品

ジーテクトではクルマのフレームやダッシュボードなどの骨格部品の設計や製作、製造をしています。

クルマの骨格部品は、万が一の場面で命に関わる重要な部品になるため主要部品を自社制作することで、高効率で高品質な生産を実現しています。

制度保証されているトランスミッション部品

ジーテクトのトランスミッション部品は、独自の技術により精度の高い製品が作られています。

独自の製造技術によりこれまでのプレス加工では困難だった造肉加工や、100分の1ミリメートル単位の精密加工が可能となっています。

燃費良く快適に走れるようトランスミッション部品は重要な部分なため、より精密性が求められるでしょう。

金型の設計・制作・販売

車体部品を作り出す金型の設計や製作、販売もしています。

金型の設計や製作ではシュミレーションを活用して最適金型として作成され、三次元測定機で精度管理を徹底して行われています。

車体部品は複雑な形状なため事前に形成シュミレーションをすることで、スピーディーかつ高品質な製品を生みだす最適な加工法の開発をしています。

これらの部品は安全にも大きく関わってくるため、数ミリ単位の繊細な作業が求められるでしょう。

また、2018年には永遠のテーマとしている「より軽く、より強い」車体の開発拠点として、東京にG-TEKT TOKYO LABが開設されました。

これにより、バーチャルデータを用いたシュミレーション解析技術を駆使し、車体の開発が加速しています。

車体部品の制作だけではなく、技術の開発、研究もあり世界各地での情報交換により「より安全で環境に優しいクルマ創り」に貢献できています。

ボディー系部品メーカーの多くは生き残りの対策として周辺部品めで事業を拡大したり、車両1台分の提案を進めています。

ジーテクトの平均年収

ジーテクトの平均年収は636万円となっています。

自動車業界の年収は比較的高く、自動車部品業会の上位の平均年収は約700~約900万円となっています。

自動車部品業会の中ではジーテクトの平均年収は上位ではありませんが、一般的な年収と比べると十分な年収と言えるでしょう。

ちなみに、上場企業の中では平均的な年収となっています。

また、自分の頑張り次第ではこれ以上の年収となることも可能でしょう。

ジーテクトでは年功序列を廃止し、実力主義を目指しているよ。

技術開発の世界展開

世界各地のリサーチ拠点と連携しており最先端の情報や技術を集結し、独自に先行技術の研究をしています。

ジーテクトは国内サプライヤーの中でもトップクラスの海外拠点数となっており、各地の技術ニーズや市場の動向をキャッチし研究や次世代技術の開発に役立っています。

グローバルに情報を共有していることで、先進技術や次世代へのアイディアへと触れる機会が多くあるため、世界的なレベルで成長することができるでしょう。

また、モノ作りは1人でするものでは無く、個性を生かしつつチームでの開発に取り組まなければならないため、会社も従業員も一緒に成長できるような職場を目指しています。

グローバルに活躍したいと考えている人に向いているね。

途中入社比率が高い

ジーテクトでは途中入社比率が高く、新卒、中途採用に関係なく教育研修ができる環境が整っています。

持続的に成長を果たすための目的としてもキャリア採用を強化しており、それぞれ異なる業界の出身者が多いため、入社後も安心して働けるでしょう。

これまでの経験を生かし、新たな挑戦をすることができます。

また、ジーテクトでは中途採用でも個人を成長させる支援の制度が充実しているため、成長意欲があり学び続けたいという人は豊富な自己啓発支援制度を活用することができます。

ジーテクトは従業員を「人財」と考えており、社員それぞれの多様性を尊重しているよ。

異業種や管理職やグローバルに活躍できる様々な人材を募集

ジーテクトでは世界のTOPを目指すためにも、様々な人材を募集しています。

車体専門メーカーとしてさらに成長するために、様々な考えやアイディアを持った異業種や管理職など多様なバックグラウンドを持つ人の採用を促進しています。

そのため、これまで自動車業界の経験が無くても、転職できる可能性があると言えるでしょう。

特にグローバルに活躍できる人材を求めているため、語学に優れていたり、コミュニケーション能力が高い人が求められれいます。

入社後、グローバルに活躍したい人には「短期海外留学制度」を利用することができ、異文化やさまざまな価値観、語学を学び国際的な感覚を身に付けられる研修もあります。

ジーテクトで、自動車業界へチャレンジし、自分の知らない世界を体感しよう。

ジーテクトへの転職のポイント

ジーテクトでは、2021年3月現在ではキャリア募集は以下の部門で募集しています。

管理・営業系→「経理 原価管理」「人材開発 人材育成」「法務」「広報IR」「営業」

技術系→「研究開発」「情報システム」「部品設計」「溶接技術」「設備管理」「精密部品技術」

これを踏まえた上で、ジーテクトへの転職のポイントを見ていきましょう。

ジーテクトの転職難易度

ジーテクトの転職難易度は、やや難しめとなっています。

中途採用の募集人数は表記されていませんが、年収が高いことや、中途採用が活発に行われていることから、難易度は高めと言えるでしょう。

難易度は高めとなっているため社員の教育も充実しておりスキルアップや、海外での活躍も望めるでしょう。

しっかりと企業研究をしよう。

選考方法や特徴

ジーテクトの選考方法は「書類審査」「適正審査(テストセンター)」「面接(複数回)」となっています。

特徴としては、グループワークなく、個別の面接でじっくりと話すことができます。

落ち着いて話しやすいでしょう。

また、新卒の採用の特徴でありますが、海外留学経験のある人を積極的に採用をしているとなっていたため、グローバルに活躍できる人材にチャンスが多くあるでしょう。

採用フロー

ジーテクトの採用の選考例は以下のようになっています。

  1. Webプレエントリー(締切随時)
  2. エントリーシート(締切随時)
  3. 説明会(随時)
  4. 面接(随時)
  5. 内々定(随時)

内定までの所要日数は、1ヶ月半程度となっています。

採用フローは一般的な流れとなっており、中途採用は随時受け付けています。

掲載されていない職種へ応募できることもある

HPで掲載されていない案件がある場合があります。

ジーテクトへ転職を考えている場合、まずはキャリア採用者宛にメールで確認しましょう。

国内遠方や海外に住んでいる場合は、Web等で一次面接を受けられるよ。

ジーテクトの口コミ

ジーテクトの口コミを紹介します。

良い面では自分で考えて行動することにやりがいを感じること、悪い口コミでは勤務時間や給料面が上げられていました。

機会や材料系の学部学科を出ていると活躍しやすいと思う。業務上、図面を見る機会が多かったり、現場作業をする上でも工具を扱うため、これらに慣れていると非常に強い。

(参考:「openwork」)

新卒で入社してから、給料は多くはないがボーナスは多い。また、しっかり残業をつけることが出来るが、残業しないと月々の給料は少ないのでしんどい時があった。 改善点は住宅手当がつかない、扶養手当がないなど

(参考:「はたらくホンネ」)

短納期のため日々忙しく、下流から急かされ残業時間が多くなり疲れており、病気になる人もいるので健康的な生活はできない。また、管理職は責任をとらず正直こりごりしていて精神的にもしんどい。

(参考:「はたらくホンネ」)

実力があれば上にいける。大学からの就職なら、3年は下積みでその時に海外研修含めいろいろな経験ができる。会社の為に日本だけではなく海外で働ける。現に日本の車は売れない。だからこそ海外で売れる車、そうした骨格部品を提供していかなければならない。ただ言われた事をするのではなく世界の車は今、何を求めているのかを考えて仕事ができる。

(参考:「Lighthouse」)

ジーテクトへの転職のコツ

ジーテクトではコーポレートスローガンである「Shape the Future」の実現に向け人材育成するために「ダイバーシティ&インクルージョン」「働き方改革」「グローバル人材育成」「アサイメントマネジメント」を4つの柱として掲げています。

よく考え、よく学びアグレッシブに活躍している人が求められるため、以下のようなことをアピールできると良いでしょう。

ジーテクトで実現させたい夢を語る

ジーテクトでの仕事を通してどんなことに貢献し活躍したいのか、こんな風に自動車業界を変えていきたいなど、自分の持っている夢を語りましょう。

伝え方としては、これまでの経験から夢をどう実現させるか、その目標へむけてどのように準備しているかなど、夢に向かって具体的な内容を語ることができれば説得力があり、伝わりやすくなります。

その際には他社ではなく、ジーテクトでなければなければならない理由も重要です。

実際に伝える際は、まず結論を述べ、次に夢を持ったきっかけを話し、最後にジーテクトでその夢を叶えたいかを語ると伝わりやすいでしょう。
面接では聞かれやすい内容なので、ハッキリと答えられるように準備しましょう。

自分の経験をどう生かすか

ジーテクトでは、キャリア採用にも力を入れているため、これまでの自分の経験をどう生かしたいかを伝えられると良いでしょう。

キャリア採用では管理・営業系、技術系ともに様々な部門の募集をしています。

自分の経験をどのように生かしたいかは、以下のことを話の中に盛り入れると伝わりやすくなります。

  • アピールしたいポイント
  • 客観的に証明できる実績や具体例
  • その体験で見に着いた教訓や習得した知識
  • これらの経験を仕事にどうやって生かしたいかの意気込み

ジーテクトが向かう方向に、なぜ自分の経験が役に立つのか、具体例をもとに説明しよう。

自分の実績や経験が、企業の利益になるということが伝わるといいね。

車づくりへの熱意をアピールする

世界トップの車体部品メーカーを目指しているジーテクトでは、クルマ作りに対して熱い思いの人材が求めれられます。

ジーテクトの研究開発体制は、G-TEKT TOKYO LABを中心として世界各国の拠点と情報交換をし独自に研究を進めており、次世代への技術開発へ進めています。

どんな所に惚れ、なぜジーテクトでクルマの開発に携わりたいのかを具体的に挙げられると良いでしょう。

また、次世代のクルマのアイディアなど具体例を挙げられるのも良いですね。

自動車業界では、自動運転、共同所有など「CACE」と呼ばれる動きが加速し、大変各期の真っただ中にますが、こうした環境の変化もチャンスと捉えられるようなアピールをしましょう。

クルマづくりをどんな視点から支えたいのか、考えてみよう。

多様性を受け入れ協力し合える考えがあることを伝える

ジーテクトは100年に1度と言われている自動車業界の変革期を乗り越え、今後も持続的成長をするためシステム開発から量産までを担う車体専門メーカーを目指しています。

車体開発力を身に着け車体開発の上流工程への参入を目指すためにも様々な視点からの柔軟な考えを取り入れ、これまでにない価値を創造し、ジーテクトの成長のチャンスに発展するような人が求められています。

そのためにも異なる文化や、違う価値観を受け入れられることや、それぞれの個性を生かすことができることをアピールするのも良いでしょう。

ジーテクトでは従業員を「人財」と考え大切にしており、多様な考え方が企業価値を創造するとしています。

まとめ

以上で、ジーテクトの転職に関する記事を終わります。

ジーテクトには、世界のTOPへと成長を目指しており、異業種からの転職も多くキャリア採用を強化しているため、おすすめな転職先となります。

ジーテクトへの転職を目指している人は、是非参考にして下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる