ジーテクトの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

ジーテクトの平均年収636万円です。

ジーテクトに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、ジーテクトの役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

ジーテクトの平均年収は636万円

ホンダ系の車体部品メーカーであるジーテクトの平均年収や、業績の推移を詳しく見てみましょう。

ジーテクトの平均年収

従業員数8,140人、平均年齢は38.9歳、ホンダ系の車体部品メーカージーテクト」の平均年収は636万円です。

日本全体のサラリーマンの平均年収は400万円程度なので、ジーテクトの平均年収は、平均よりも高い年収と言えるでしょう。

平均年収はここ数年で497万円~637万円の間で変化しており、その年によって多少の差があります。
最終学歴や役職の有無で平均年収は変わってくるよ。

ジーテクトの業績推移

ジーテクトの過去3年間の営業推移は、以下の通りです。

売上高(収益) 営業利益
2018年 21億9,849万円 1億4,272万円
2019年 25億5,637万円 1億6,813万円
2020年 22億8,253万円 8,677万円

近年の社会情勢の影響もあり、2020年は苦しい結果となってしまいました。

しかし、2030年に向けた長期的な事業戦略もあるため、今後の動きには注目しましょう。

目標していた数字の達成は難しいものとなりましたが、在宅勤務など業務の見直しをし、働き方の改善などで早期に収益回復する見通しです。

ジーテクトの年齢や役職・学歴別の平均年収

ホンダ系の車体部品メーカーのジーテクトの平均年収は636万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。

ジーテクトの年齢毎の年収推移

ジーテクトの年収を5歳ごとに分けた年収の推移は、以下の通りです。

年齢別の年収 月額給与
20~29歳 334万円 24万円
30~39歳 387万円 30万円
40~49歳 470万円 33万円
50~59歳 557万円 42万円
60~64歳 352万円 28万円

国税庁によると20代前半の平均年収は248万円となっているため、ジーテクトでは20代から平均以上の年収であることがわかります。

この表から分かる通り、年収のピークは50代前半となっており、家族ができたとしても十分な年収であると言えるでしょう。
また、男性と女性では差ができ、最も年収が高い50代前半の平均年収では、男性が700万円、女性が560万円と約150万円もの差があります。

ジーテクトの役職毎の年収推移

ジーテクトの役職ごとの年収推移は下記の通りです。

役職 平均年収
主任 約480万円
係長 約540万円
課長 約720万円
部長 約790万円

例えば、主任と部長ほど役職が違うと年収の差は大きく、約300万円ほどの差があるため仕事に対してのモチベーションも大きく変わるでしょう。

またジーテクトでは、企業が成長していくためにも人材育成に力を入れ、強化しています。「年功制」を廃止しており、公平に実力が反映される制度となっているため、頑張り次第ではより上の役職に就くことが可能です。

社内評価されることで、自己成長を感じることができます。

学歴による年収の差

ジーテクトの学歴による年収の差は下記の通りです。

最終学歴 50~54歳の学歴ごとの年収
大卒 約740万円
短大卒 約630万円
高卒 約540万円

この表からわかる通り、最終学歴が大卒と高卒では50代にもなると200万円も年収に差ができることが分かります。

ただし、最終学歴の年収の差はあくまで目安であり、自分の頑張り次第では最終学歴が高卒であっても、大卒の平均年収を超えることは可能です。

ジーテクトでは、「HUMAN CAPITAL MANAGEMENTシステム」を導入し人材育成状況を「見える化」することで、可視化することが難しい評価を学歴に関係なく公平に付けることができます。

これから必要なスキルや個人の強みや弱みが明確になることで、自分のすべきことも分かってくるでしょう。

初任給でそれ程差は無くても、個人の経験や実力により昇給スピードに大きな差が出ます。

ジーテクトの生涯年収

ジーテクトの平均年収は636万円となっており、38年間務めるとすると、生涯年収は2億4,168万円となります。

日本の生涯賃金の平均が1億6,000万円ほどなので、生涯年収では約7,000万円の大きな差があります。

また、役職によって生涯年収も変化するので、自分の頑張り次第ではこの金額以上を望むことも可能でしょう。

7,000万円も生涯年収に差ができると、家や車など高額な買い物に大きな違いができるよね。

 

ジーテクトの同業ライバル企業の年収

ジーテクトのように、自動車部品を制作をしているライバル企業の年収は下記の通りです。

平均年収
豊田合成 約640万円
トヨタ紡織 約700万円
デンソー 約800万円
アイシン精機 約710万円
ジェイテクト 約710万円
豊田自動織機 約810万円

自動車部品業界の平均年収ランキングでは、ジーテクトの順位は34位となっています。

また、上位の平均年収は、豊田自動織機のように800万円~900万円代となっており、上位とは150万円ほどの差があります。

国内にたくさん自動車部品メーカーが存在しているため、企業によって平均年収にも大きな差があるよ。

ジーテクトの就職難易度(偏差値)は55

ジーテクトの就職難易度(偏差値)は55です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職偏差値 企業名
75 トヨタ自動車, デンソー, 豊田中央研究所
70 本田技研工業, ブリヂストン, 豊田自動織機
65 日産自動車, アイシン精機
60 SUBARU, いすゞ自動車, マツダ, スズキ, トヨタ車体, トヨタ紡織, ヤマハ発動機, 横浜ゴム
55 三菱自動車, 日野自動車, 豊田合成, ダイハツ工業, NOK, ボッシュ, フタバ産業, 住友理工, テイ・エス・テック, 日産車体, ジーテクト, エイチワン, 愛三工業, 新明和工業, 八千代工業, 曙ブレーキ工業, 日本特殊陶業, TOYO TIRE
50 大豊工業, マレリ, ユニプレス, タチエス, ヨロズ, 東亜工業, KYB, 武蔵精密工業, 日本プラスト, 日立Astemo, 三菱ロジスネクスト, 河西工業, トピー工業, 極東開発工業, 日信工業, 岐阜車体, 日本精機, ハイレックスコーポレーション, エフテック, プレス工業, エフ・シー・シー, ユタカ技研, 太平洋工業, バンドー化学, エクセディ, ジャムコ, タカタ, チエス, 日本プラスト, IJT, 三櫻工業, シロキ工業, 今仙電機製作所, 日本車輌製造, 富士機工, 極東開発工業, 西川ゴム工業, 大同メタル工業, 鬼怒川ゴム工業, フコク, モリタHD, 村上開明堂, 自動車部品工業, ダイハツディーゼル, ニチリン, 東京ラヂエーター製造, 日本電産トーソク
45 深井製作所, 千代田工業, 丸順, ティラド, ミクニ, ニッタ, オカモト, ファルテック, GMB, 三ツ星ベルト, サノヤス, アイメタルテクノロジー, TBK, 日鍛バルブ, ティラド, ミクニ, オカモト, ファルテック, 田中精密工業, ユニバンス, 安永, 佐世保重工業

就職難易度(偏差値)は大学の偏差値とは異なるもので、入社難易度の目安としたものとなっています。

そのため、あくもでも参考値として捉えておきましょう。

ジーテクトで表面化しているルールや価値観

次にジーテクトで表面化しているルールや価値観を紹介します。

多様性を生かせる職場づくり

ジーテクトでは、多様性を生かせるような職場づくりをしています。

例えば、社員の得意を伸ばす教育研修制度を実施することで、社員の強みに合わせて活躍できるフィールドへの配置を可能にします。

多様性が尊重されることで、自分自身が働きやすかったり、仲間の意見を受け入れることで新しいアイディアに繋がることがあるため、自分と企業の成長にも繋がるでしょう。

さらに、一人ひとりの成長を見つめる「HCM(HUMAN CAPITAL MANAGEMENT)システム」を導入することで評価プロセスの効率化になり、自分の活躍が可視化でき、適切なサポートが受けられるようになります。

それぞれの個性を最大限に生かすことができるでしょう。

自分の評価が目に見えてわかると、やる気アップにも繋がるね。

個人の成長を支援

ジーテクトでは、将来を担う経営陣を育てていくためにも、個人の成長を支援しています。

様々な研修カリキュラムが用意されており、例えば若手社員の「新人若手研修」から始まり、国際的感覚を身に着け人脈を築き上げる「短期海外留学制度」や、社員一人ひとりが階段的な能力開発を行う「階層別研修」などがあります。

特にジーテクトでは、海外での成長の計画が具体的なため、グローバルに活躍したい人へのチャレンジを後押しするでしょう。

他にも、将来的に経営人材となる人に向けた「次世代経営者候補育成」など様々な育成カリキュラムがあることが、仕事を通じて大きく成長することが可能です。

仕事を通した成長は、とてもやりがいを感じられるね。

車づくりへの熱意が多様な人材をチームとして繋ぐ

多様な人材が揃っていることが、さらにより良い車づくりへの開発となるでしょう。

大転換期を迎えている自動車業界で、より高度な技術が求められるビジネス環境に対応するべく、従来の技術改新だけではなく、新たな価値を生む人材の創出に勤めています。

自分とは異なる価値観の人や、異業種で働いていた人などがチームとなることで、社員の能力向上となり、次世代の車づくりに繋がります。

EV化への対応など、持続的な成長を見据えているよ。

ジーテクトが求めている人材

ジーテクトが求めている人材は、以下3つのようなことを大切にしている人が求められています。

よく考えよく学ぶ人

人とクルマと地球の未来の姿を形づくる」をコーポレートスローガンに掲げているように、激変する経営環境の中では「単に部品を作る」だけのスキルではダメでしょう。

そのため、自らで考え学ぶ姿勢がある人が求められます。

ジーテクトが主張している「軽くて環境性能がよく、安全な車体づくり」には、自分はどう関わることができるかを考えることが大切です。

これまでの経験や学びが伝わるよう主張しよう。

自分の経験を活かし新しい挑戦をしたい人

ジーテクトでは、それどれ異なる業界出身の途中入社比率が高く「キャリア採用」を強化しています。

例えば、異業種から転職して商品開発に関わる人や、管理職で活躍する人、海外拠点の立ち上げに関わる人などが上げられます。

これまでの経験を活かすことで、ジーテクトと共に輝けるフィールドへ向かうことができるでしょう。

自分の経験がジーテクトで、どう生かすことができるのかを説明しよう。

これまでのジーテクトにはない価値観を創造したい人

ジーテクトでは「一人ひとりが持つ個性を最大限に活かし、社員それぞれの多様性を尊重した経営が重要」と言っているように、これまの経験を思う存分に発揮することができるでしょう。

例えば、ジーテクトが発足した2012年~2019年の連結売上高は1.9倍、連結営業利益は1.7倍と着実に成長を遂げており、これは「人財」があってこその結果と言っています。

このことから、ジーテクトでは技術改新を生かすためにも個人の個性を大切にしているため、これまでのジーテクトにはない価値観を一緒に創造していくことが可能でしょう。

ジーテクトでは、新たな挑戦が望めるね。

ジーテクトに転職する時の3つの注意点

次にジーテクトに転職する時の3つの注意点について解説していきます。

ジーテクトでは「人間性尊重」「技術革新」「堅実経営」が企業理念としており、面接の際はこれを踏まえた上で、以下の3つに注意すると良いでしょう。

アグレッシブに活動できることをアピールする

ジーテクトでは、「先進技術を追求し良質廉価な製品を提供しよう」とあるように、良い製品の提供を実現できるよう技術を磨き続けなければいけません。

そのためには、限られた時間内で積極的に活動できることをアピールできると良いでしょう。

例えば、常に良いモノを作り続けるためにどのように行動すれば、世界中のお客様を満足させられるのかなどをより詳しく説明できると良いです。

このように、アグレッシブに活動することでどのように会社に貢献できるかをアピールしましょう。

さらに、アグレッシブに行動することで「他人よりも多くのチャンスに巡り合うことができる」ということも一緒にアピールできるとより良いです。

自分の実力を試したいという挑戦心をアピールする

ジーテクトの企業理念に「愛情と相互信頼をモットーに自己啓発に努めよう」とあるように、より良質な製品を提供できるよう自分の知識や技術を磨き続け、さらなる挑戦をしたいという挑戦心が大事です。

例えば、自動運転車やEVや燃料電池の代表のパワートレインの自動化など、時代の変化に迅速に対応できる企業となるよう競争力の発信基地となるためにも、向上心の高い人を求めています。

また、ジーテクトは先人の背中を「見て学ぶ」のではなく「計画的に育成する制度」になっているため、自分の実力を十分に発揮することができるでしょう。

ジーテクトの人材育成カリキュラムでは、5年10年後を見据えて個人レベルに合わせて計画的に育成されるため、今後必要になるスキルを明確にして学ぶことができます。

グローバルに活躍したいということをアピールする

日本中心としてきた営業スタイルから一線を画し、地域と地域をつなぐグローバル規模の販売体制を新たに築いていくため、グローバルに活躍したいことをアピールできると良いでしょう。

例えばジーテクトでは、新たに欧米を中心としたメーカーに向けての販売に力を入れ、より良いモノを世界中のお客様に届けようと進めています。

まだ取引の無い地域をターゲットに、販売拡大の力となる人材が求められているでしょう。

巨大市場中国へも攻略も考えているよ。

本気で転職したい人は大手エージェントを使うのがおすすめ

本気で転職したい人は大手サイト・エージェントを使うのがおすすめ

ここまで評判や口コミについて解説してきましたが、本気で転職したいと感じている人は大手転職エージェントの利用がおすすめです。

履歴書や職務経歴書の添削から面接までの日程調整・年収交渉までサポートしてくれるので、転職にかける工数を限りなく少なくすることができます。

転職エージェントを利用する場合は、リクルートエージェントが最もおすすめです。

リクルートエージェントがおすすめの理由
  1. 転職支援実績No.1
  2. 10万件以上の求人数
  3. 豊富なセミナー・イベントの開催

転職活動で「良い会社と出会いたい」「できるだけ待遇の良い会社を見つけたい」と感じている方は、リクルートエージェントを使うことで漏れなく探すことができますよ。

\ サービスは無料 /

リクルートの評判や口コミを実際に確認してみた

まとめ

以上で、ジーテクトの年収に関する内容を終わります。

ジーテクトには、これまでの自分の経験を活かし、グローバルに実力を試したい人に向いているでしょう。

ジーテクトに挑戦しようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にして下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる