フタバ産業の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

フタバ産業の平均年収は612万円です。

フタバ産業に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、フタバ産業の役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

フタバ産業の平均年収は612万円

主に、マフラーやボディー骨格などを製造している自動車部品メーカーであるフタバ産業の、平均年収や業績推移を詳しく見てみましょう。

製品の開発や製造はもちろん、品質保証も一貫して行っており、日本だけではなくアジアや北米などに連結子会社と関連会社があるグローバルサプライヤーとなっています。

売上比率は海外が約46%、国内が約54%となっています。

また、事業の柱となっている主な製品は自動車用のマフラーを含む排気系部品となっており、国内だけではなく海外からも高く評価されていることがわかるでしょう。

フタバ産業の平均年収

従業員数約3,500人、平均年齢37歳のフタバ産業の平均年収は612万円です。

サラリーマンの平均年収は約400万円なので、フタバ産業の平均年収は平均よりも高いと言えるでしょう。

ここ数年での年収の平均推移は、約540~610万円とその年によって多少の差があります。
また、業績低迷時でもボーナスは約4カ月分支給されるため、仕事のモチベーションアップに繋がるでしょう。
国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、年収600万円以上ある人は、5人に1人と言われているよ。独身であればそれなりに余裕のある生活ができるね。

フタバ産業の業績推移

フタバ産業の過去3年間の、業績推移は以下のようになります。

売上高(収益) 営業利益
2018年 4,404億円 113億円
2019年 4,617億円 68億円
2020年 4,762億円 101億円

トヨタ自動車系の部品メーカーであるフタバ産業は、2020年近年の社会情勢もある中でトヨタの生産が半減する中でも黒字となる結果でした。

さらに、2021年の業績見通しを引き上げることも発表しました。

フタバ産業はトヨタ自動車が約31%を出資し、筆頭株主となっているため、トヨタの売り上げに左右されやすいよ。

フタバ産業の年齢や役職・学歴別の平均年収

フタバ産業の平均年収は612万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。[/caption]

フタバ産業の年齢毎の年収推移

フタバ産業の5歳ごとの平均年収は、以下のようになります。

年齢 平均年収
20~24歳 約300万円
25~29歳 約410万円
30~34歳 約430万円
35~39歳 約440万円
40~44歳 約490万円
45~49歳 約570万円
50~54歳 約630万円
55~59歳 約620万円
60~65歳 約400万円

この表からわかる通り、最大の平均年収は50代の約630万円となっています。

年収は順調に上がっていき50代前半でピークとなり、退職に向けて緩やかに減少しています。

また、男女別では平均年収に差があり50代前半の男性は約680万円、女性は約630万円と男女差がありますが、約50万円ほどなので男女での年収の差はそれほど大きくないと言えるでしょう。

さらに、職務によっても平均年収は異なり、一般職では約520~620万円、技術職では約500~600万円、総合職では760~860万円となっています。

基本給の上がり方は良く、ボーナスでは満足した金額を貰えてるという声が多いよ。

フタバ産業の役職毎の年収推移

フタバ産業の役職ごとの平均年収は以下のようになります。

役職 平均年収
主任 約600万円
係長 約680万円
課長 約890万円
部長 約990万円

役職が付くごとに年収が少しづつ上がっていき、主任と部長では約400万円近くの差があるため、仕事のモチベーションアップへも繋がるでしょう。

また、フタバ産業では結果を評価される成果主義に変わってきているため、自分の頑張り次第でより上の役職に就くことが望めます。

経験や実力の違いで昇給の差が広がるでしょう。

学歴による年収の差

フタバ産業の最終学歴による年収の差は、以下のようになります。

最終学歴 50~54歳の最終学歴ごとの平均年収
大卒 約810万円
短大卒 約690万円
高卒 約590万円

20代など若い時の年収にそれほど差はありませんが、50代にもなると200万円以上の差ができています。

また、同じ役職にいると昇給が少なくなっていくため、実力に応じて昇給することが可能です。

自分の成長次第では平均の年収を超すことも可能でしょう。

基本的には年功序列なため、何事も無ければ順調に年収は上がっていきます。

フタバ産業の生涯年収

フタバ産業の平均年収は612万円となっているため、38年間勤務すると生涯年収は約2億3,300万円となります。

金融関係の生涯年収は約2億5,600万円、ITや通信関係は約2億5,400万円となっており、フタバ産業も匹敵する年収となっています。

また、自動車部品業界の生涯年収は約2億6,500万円となっているため、業界内では平均ちかくと言えるでしょう。

役職次第でさらに生涯年収がアップするね。

フタバ産業の労働環境

フタバ産業は、従業員が働きやすい職場づくりをしており、労働環境が充実しています。ここでは代表的なもの3つを見てみましょう。

フレックスタイム制度がある

フタバ産業では、フレックスタイム勤務制度が導入されてます。

勤務時間を自分で決めることができ、時間を有効活用できるため、よりプライベートを充実させることができるでしょう。

コアタイムが無く、使用に制限が無いため、柔軟な勤務が可能となっています。

ちなみに休日は、週休2日制、有給は最大20日間、夏季や年末年始に10日程度の連続休暇、結婚休暇などほかにも様々な休日があります。

仕事の生産性が上がることや、効率アップにも繋がるでしょう。

仕事と家庭の両立の支援をしている

フタバ産業では仕事と家庭の両立を支援しており、特に子育てに関する制度が充実しています。

制度の利用率は高く、「育児休暇」や「時短勤務」の男性社員の取得実績があり、ライフワークのバランスが取れた働き方ができます。

自分に合った働き方ができるので仕事だけではなく、家庭の時間もしっかり作ることができるため、子育に参加したい人にとってはありがたい制度でしょう。

さらに、女性の場合は手厚いサポートがあり、妊娠中~子供が小学校4年生になるまで長期的なサポートがあります。

例えば、以下のような制度を利用することができます。

  • 妊娠中の通勤緩和
  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • 時短勤務
  • 子供の看護休暇など
仕事ばかりではなく、家族との時間を充実させることができるね。

社員同士の交流が多い

フタバ産業では、様々な場面で社員同士の交流が多くあります。

例えば人材育成では、新人社員1人に先輩社員1人が付いて指導・育成する「ブラザー・シスター制度」や、「フタバ駅伝」や「創立記念フェスティバル」などのイベントがあり、部署や世代を超え交流できる機会が多くあり、社員同士の繋がりを作ります。

業務ではないイベントで交流する機会があることで、コミュニケーションを取りやすくなり、作業効率が上がり仕事がしやすくなるでしょう。

また、独身寮があるため会社以外で交流する機会も多くあり、何か困ったことがあれば、寮にいる同僚や先輩社員に頼ることもできます。

さらに、体育館、トレーニングジム、テニスコート、グラウンドがあり、健康維持や増進のために自由に利用することができ、様々な場面で従業員同士の絆を深められるでしょう。

お互いを知る機会が多いから、相手の性格や考えを知ることができ、業務もしやすくなるね。

フタバ産業の就職難易度(偏差値)は55

フタバ産業の就職難易度(偏差値)は55です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職偏差値 企業名
75 トヨタ自動車, デンソー, 豊田中央研究所
70 本田技研工業, ブリヂストン, 豊田自動織機
65 日産自動車, アイシン精機
60 SUBARU, いすゞ自動車, マツダ, スズキ, トヨタ車体, トヨタ紡織, ヤマハ発動機, 横浜ゴム
55 三菱自動車, 日野自動車, 豊田合成, ダイハツ工業, NOK, ボッシュ, フタバ産業, 住友理工, テイ・エス・テック, 日産車体, ジーテクト, エイチワン, 愛三工業, 新明和工業, 八千代工業, 曙ブレーキ工業, 日本特殊陶業, TOYO TIRE
50 大豊工業, マレリ, ユニプレス, タチエス, ヨロズ, 東亜工業, KYB, 武蔵精密工業, 日本プラスト, 日立Astemo, 三菱ロジスネクスト, 河西工業, トピー工業, 極東開発工業, 日信工業, 岐阜車体, 日本精機, ハイレックスコーポレーション, エフテック, プレス工業, エフ・シー・シー, ユタカ技研, 太平洋工業, バンドー化学, エクセディ, ジャムコ, タカタ, チエス, 日本プラスト, IJT, 三櫻工業, シロキ工業, 今仙電機製作所, 日本車輌製造, 富士機工, 極東開発工業, 西川ゴム工業, 大同メタル工業, 鬼怒川ゴム工業, フコク, モリタHD, 村上開明堂, 自動車部品工業, ダイハツディーゼル, ニチリン, 東京ラヂエーター製造, 日本電産トーソク
45 深井製作所, 千代田工業, 丸順, ティラド, ミクニ, ニッタ, オカモト, ファルテック, GMB, 三ツ星ベルト, サノヤス, アイメタルテクノロジー, TBK, 日鍛バルブ, ティラド, ミクニ, オカモト, ファルテック, 田中精密工業, ユニバンス, 安永, 佐世保重工業

就職難易度(偏差値)は大学の偏差値とは異なるもので、入社難易度の目安としたものとなっています。

そのため、あくもでも参考値として捉えておきましょう。

フタバ産業に転職する時の4つの注意点

今後は国内だけでなく海外においても成長し続けることを目標としているフタバ産業では、コア技術を生かした次世代技術、ボデー系商品のビジネスモデル構築の体制づくりを進めています。

そのため転職する際は、新たな時代を創っていくという強い気持ちを持っている人が求められます。

フタバ産業に転職する際は、以下の4つのことに注意しましょう。

フタバ産業のこれからの挑戦について知っておく

フタバ産業に転職する際は、フタバ産業のこれからのビジョンを知っておくことで、どんな人材が求められているかを知ることができるでしょう。

モビリティに関わる分野の研究や開発

自動車業界では100年に1度の大変革期を迎えているため、自動車だけではなくモビリティ全般へと枠を広げ、研究や開発が行われます。

世界がCASE(コネクテッド・自動運転・カーシェアリングとサービス・電気自動車)と言われる新しい車のありかたに向かっているため、フタバ産業も柔軟に対応していきます。

フタバ産業の強みを生かすだけではなく、大学や他の企業と協力して新たな商品開発をし、新らしい商品の柱を立てるよう日々取り組んでいます。

フタバ産業が今後、持続的に成長し続けられるよう考えると良いでしょう。

次世代排気系システムの開発

自動車業界は大変各期を迎えているため、次世代排気システムの開発が必要です。

ハイブリッド車やレンジエクステンダー車など、電池、モーターを主な機動力としている車は排気系システムは必要ないのでは?と思われがちですが、このような自動車の普及が進んでも排気系システムは必ず必要になるため、さらなる研究開発を求められます。

次世代排気系システムでは更なる小型化や、小型化することでどのような付加価値をつけられるかがポイントとなるでしょう。

このような自動車業界の未来を見据えつつ行動を起こせる人が、フタバ産業には求められます。

失敗を恐れず新しいことに挑戦する姿勢をアピールする

フタバ産業では、失敗を恐れず答えの無い問題を考え、提案し、実行できるチャレンジ精神がある人が求められます。

未来社会のソリューションを考えた上で社会に貢献できることを探し、新しい技術や考えを共に生み出したいということを伝えられると良いでしょう。

社内は風通しが良いという声が多く、従来の考えに囚われない柔軟な発想が受け入れられやすいため、自分の考えを業務に生かせるチャンスも多くあります。

また、フタバ産業では海外にも拠点があるため、グローバルに活躍することもできます。

自分なりのビジョンがハッキリしていれば、若いうちから大きなプロジェクトを任されることもあり、大きな成長の機会を与えられます。

日頃から失敗を恐れずに挑戦し続けることが、さらなるステップアップへと繋がるでしょう。

新技術や新工法をチャレンジさせてくれる企業だよ。

周囲を巻き込み活躍できることをアピールする

フタバ産業では、周囲を巻き込んで仕事を進められるコミュニケーション力がある人が求められます。

たとえ図面1つを作ることでも、1人で黙々とできるものではなく、他部署の人と関わることが多いためコミュニケーション力が重要となります。

他部署の人との打ち合わせや調整が多いので、価値観の違いや立場の違いを尊重し、良好なチームワークで業務を進められることが、より良い製品の開発へと繋がるでしょう。

日頃から、協力し合える環境づくりが大切だよ。

広い視野を持ち学び続けられることをアピールする

フタバ産業では、常に様々なことに興味を持ち、広い視野で知見、見識を高めることをできる人が求められます。

自動車業界では100年に1度と言われている「大変革期」なため、今までにはない新しい考えや技術が必要となっています。

広い視野を持つことで、異なる分野からの良い刺激を取り入れたり、今までには無かった発想をすることも可能となるでしょう。

これからの時代を創るために、既存の事業と新たな事業の創出の期待に応えられるということをアピールできると良いです。

日頃から問題意識を持ち、小さな改善をコツコツと積み重ねることができることが大切です。
学び続けられることは、さらなるスキルアップにも繋がるね。

本気で転職したい人は大手エージェントを使うのがおすすめ

本気で転職したい人は大手サイト・エージェントを使うのがおすすめ

ここまで評判や口コミについて解説してきましたが、本気で転職したいと感じている人は大手転職エージェントの利用がおすすめです。

履歴書や職務経歴書の添削から面接までの日程調整・年収交渉までサポートしてくれるので、転職にかける工数を限りなく少なくすることができます。

転職エージェントを利用する場合は、リクルートエージェントが最もおすすめです。

リクルートエージェントがおすすめの理由
  1. 転職支援実績No.1
  2. 10万件以上の求人数
  3. 豊富なセミナー・イベントの開催

転職活動で「良い会社と出会いたい」「できるだけ待遇の良い会社を見つけたい」と感じている方は、リクルートエージェントを使うことで漏れなく探すことができますよ。

\ サービスは無料 /

リクルートの評判や口コミを実際に確認してみた

まとめ

以上で、フタバ産業の年収の記事を終わります。

フタバ産業には、広い視野を持ちながら、自失敗を恐れないチャレンジ精神がある人に向いているでしょう。

フタバ産業に挑戦する際は、本記事の内容を是非参考にして下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる