フリーターにおすすめの就職エージェント12選!メリットや利用方法も解説

フリーターの方の中には、正社員での就職を望んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、フリーターの方の利用に適した就職エージェントをご紹介します。

就職エージェントは複数ありますが、それぞれに特徴や保有求人数なども異なります。自分に合ったエージェントを利用し、後悔のない就職活動にしましょう。

目次

就職エージェントの3つの選び方

就職エージェントはたくさんあるので、「どこを利用しようか悩む」「選びきれない」といった悩みを抱えている方もいることでしょう。就職エージェントの選び方のポイントを3つご紹介します。

正社員経験なしでも求人を紹介してもらえる

就職エージェントの中には、「未経験OK」の求人を多数保有しているところと、職務経験ありの方向けに就職支援を行っていることろがあります。フリーターから正社員の就職を目指す場合は、正社員経験がなくても利用できる就職エージェントにしましょう。

就職エージェントによっては、「第二新卒・ニート・フリーター」を対象にしているところもあります。その場合、未経験者向けの求人が多く、サポート体制も充実しています。就職エージェントのホームページにも記載があるので、確認してみてください。

優良企業を紹介してもらえる

就職エージェントの中には、「ブラック企業を排除」「ホワイト企業のみご紹介」などとしているところもあります。入社してすぐ辞めてしまうリスクや、入社後「こんなはずではなかった…」とミスマッチが起こる可能性も下がるでしょう。優良企業を紹介している就職エージェントも、ホームページから確認できます。ちなみに、ブラック企業とホワイト企業の違いは以下のようになります。

項目 ブラック企業 ホワイト企業
残業時間 多い 少ない
離職率 高い 低い
風通し 悪い 良い
給与の内訳 大雑把 詳細
有給取得率 低い 高い
パワーハラスメント ある ない

担当者のサポートが丁寧

就職エージェントの口コミや評判を探していると、担当者とのトラブルが多く見受けられます。「担当者に紹介できる求人はないと突っぱねられた」「全然求人を紹介してくれない」といった内容が多いです。担当者一人一人に教育が行き届いている就職エージェントを選びましょう。

言葉の言い回しや自分への接し方に違和感がないか、就職希望者が多すぎて担当者がいっぱいいっぱいになっていないかなどを、カウンセリング時にチェックすることが大事です。もし、担当者の印象が悪ければ「担当者を代えて欲しい」と申し出ても問題ありません。

どれも、就職エージェントのホームページや口コミなどから簡単に確認できます。また、本サイトでも各就職エージェントの評判をまとめた記事を公開しています。

フリーターが就職エージェントを利用する3つのメリット

フリーターが就職エージェントを利用する場合には、以下のような3つのメリットがあります。

自分で求人検索する手間が省ける

就職エージェントを利用しない場合、自分で求人を探さなければなりません。就職エージェントでは、担当者の方も一緒に求人を探してくれるので、自分では見落としていた求人とも出会える確率が上がります。また、一般に公開していない「未公開求人」を紹介してくれることもあるのが、就職エージェントのメリットです。

未公開求人は就職エージェントが隠し持っている求人で、条件に合う厳選された方しか紹介されないため採用率も高くなります。

履歴書添削や面接の練習もできる

履歴書添削や面接の練習ができるのも就職エージェントのメリットの一つ。ただし、中にはサポート内容に含まれない就職エージェントもあるので気を付けましょう。

また自分で就職活動する場合やサポート体制がない就職エージェントの場合には、自分の用意した書類や受け答えの内容に客観的な意見・アドバイスをもらうことはできません。就職エージェントはこれまで数々の就職希望者を見て来たからこそ、的確なアドバイスをすることができるのです。

条件交渉や質問も代わりに行ってくれる

条件交渉や質問も代わりに行ってくれるのは大きなメリットでしょう。何か気になることや聞きたいことがあれば担当者が行ってくれます。

自分で就職活動する場合は、面接時に自分で直接質問しなければなりません。質問の仕方を考えなければ、「常識のない人」と捉えられてしまうこともあるでしょう。そのため結局聞きたいことを聞けずに、入社してから「思っていたのと違う」「こんなはずではなかった」といったミスマッチが起こる可能性があります。

就職エージェントを利用すると、自分で就職活動するよりも心強くて便利です。

フリーターが就職エージェントを利用する3つのデメリット

フリーターが就職エージェントを利用する際には、メリットだけでなくデメリットを感じることもあるでしょう。ここでは、3つのデメリットをご紹介します。

どんどん紹介が来る

就職エージェントは、就職希望者に合った求人を紹介するための機関です。そのため、就職エージェントに登録すれば、どんどん求人紹介が来ます。

もし、就職希望日が先の場合にはカウンセリングで伝えておきましょう。また、求人紹介が来たからといって必ずしも応募しなければいけないわけではなく、応募を断っても問題ありません。

地方にはエージェントが少ない

就職エージェントは、東京や大阪など大都市にしか登録拠点がないことも多く、また就職地も全国ではなく大都市圏のみに限られてしまうこともあります。地方在住者は、利用できる就職エージェントが限られてしまうので不便に感じることもあるでしょう。

地方在住者は、就職エージェントだけでなく就職サイトやハローワークなども利用しながら、自分でも就職活動を進めていく必要があります。

気持ちが焦ってしまう

就職エージェントを利用すると、どんどん求人が来るので気持ちが焦ってしまう可能性があります。自分のペースでゆっくりと進めたい方にはデメリットになるでしょう。また、時には厳しいことを言われ、落ち込むこともあるかもしれません。

ただ、就職活動に慣れておらず、自分でどのように進めたらよいか分からない方は、就職エージェントを利用しないと就職活動がなかなか進まなくなるといったリスクがあります。程よい緊張感を持って進めた方が効率よく就職活動できるでしょう。

就職エージェントを利用するデメリットもありますが、それ以上にメリットの方が大きいでしょう。

就職エージェントの利用方法

就職エージェントを利用してみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。ここでは、就職エージェントの利用方法をご紹介します。

就職エージェントに登録する

まずは就職エージェントに登録しましょう。各エージェントの公式サイトに登録ページが載っています。登録時には、「氏名」「学歴」などの簡単な個人情報と、「就職希望地」「職歴」など仕事に関する情報を入力します。

登録が完了すると、就職エージェントからカウンセリング(面談)の日程に関する連絡がきますので、返事をしましょう。

担当者と面談し希望を伝える

カウンセリングの予約日時に、担当者と面談をします。面談時には、詳しい職歴や希望する仕事についてなどを伝えるので、あらかじめ履歴書や職務経歴書を用意し、伝えることをメモにまとめておくとスムーズです。

就職エージェントの方はカウンセリングの内容に合わせて紹介する求人を決めるので、カウンセリングは丁寧に行いましょう。ミスマッチを減らすことができます。

求人を紹介してもらう

カウンセリングで伝えた内容に合わせて、担当者が求人を紹介してくれます。いいなと思う求人があれば応募する旨を伝えましょう。応募や企業への問い合わせ・条件交渉は担当者が行います。

魅力を感じる求人がなければ、お断りしても問題ありません。また、中には非公開求人を紹介してくれることもあります。非公開求人は、ライバルが少ないので採用確率が上がるでしょう。

履歴書添削や面接対策

求人紹介と並行して、履歴書添削や面接対策を行います。就職エージェントによっては、「書類選考なし」のところもあり、その場合は履歴書添削をスキップして面接練習に進みます。

自分の強みやアピールポイントを冷静に分析し、採用されやすいようアドバイスをくれるので、履歴書添削・面接対策といったサービスは受けておきましょう。

求人応募

良い求人に巡り合えたら、求人応募に進みます。1社ずつ進めることもあれば、一気に数社と集団面接を行うことろもあります。就職エージェントによって採用時のスタイルも異なるので、事前に確認しておきましょう。企業と面接を行う場合、日程調整も就職エージェントの担当者が代行してくれるので安心です。

内定・アフターフォロー

内定が決まったら、担当者の方から連絡が来ます。万が一残念な結果になっても、企業側と直接やり取りをすることはないので安心です。また、次に繋げるためのアドバイスもくれます。

無事採用となり就職が決まった場合には、最初の出勤日の日程調整や持ち物など必要な情報を担当者が教えてくれます。ここでも、自分で企業側とやり取りをする必要はありません。また就職エージェントの中には、入社してからも相談・カウンセリングができる場合もあります。

就職エージェントは、登録するだけで簡単に利用できます。ほとんどの就職エージェントは利用料無料なので、気軽に登録できるでしょう。

おすすめの就職エージェント12選

フリーターの方が利用しやすい就職エージェントをリサーチしました。ここでは、その中から厳選した就職エージェントをご紹介します。

就職Shop

  • 大手企業が運営
  • 求人の質が良い
  • 書類選考なし

就職shopは大手就職エージェント「リクルートエージェント」の親会社にあたる「株式会社リクルート」が運営しています。大手企業なので豊富な知識やノウハウがあり、始めて就職活動をする方でも安心です。

就職shopで取り扱っている求人は、エージェントの方が実際に各企業を回って会社の雰囲気や給料体系などを調査しています。細かい部分まで情報を把握し、求人からブラック企業を排除しているので、入社後のミスマッチが起こりにくいのも嬉しいポイントです。

また、就職shopから応募する場合には、書類選考がありません。職務経歴に不安のある方でも安心して就職活動できます。

ただ、求人のうち中小企業のものが多くの割合を占めています。誰もが知っているような大手企業への就職を希望している方にはデメリットといえるでしょう。

\ サービスは無料 /

就職Shopの評判や口コミを実際に確認してみた

ハタラクティブ

  • 内定率80.4%
  • 大手企業の求人あり
  • 未経験OKの求人が多数

ハタラクティブは、利用者数11万人の実績を誇る就職エージェントです。内定率は80%を超えます。10人中8人が就職できていると考えると、内定率の高さが良く分かります。

ハタラクティブの内定率の高さは、取り扱っている求人の種類の豊富さにあります。未経験OKの求人から以下のような大手企業の求人まで取り揃えているので、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。

  • アサヒビール株式会社
  • セコム株式会社
  • UTグループ株式会社
  • 株式会社オープンハウス

ハタラクティブも、求人を出している企業の雰囲気や詳しい情報を実際に取材しに行っているので、ミスマッチが起こりにくいと定評があります。

ただし、ブラック企業を排除しているわけではないので、時には怪しい求人を見つけることもあるかもしれません。

\ サービスは無料 /

ハタラクティブの評判や口コミを実際に確認してみた

WORK PORT

  • 転職決定数No.1
  • IT業界に強い
  • 対応エリアが広い

WORk PORTは転職決定数No.1の実績がある就職エージェントです。サポートが充実しているのはもちろんですが、対応エリアが広く面接拠点も全国に及びます。

  • 対応エリア:日本全国
  • 面接拠点:東京・埼玉・横浜・千葉・仙台・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡・札幌

また、取り扱っている求人にはIT業界のものが多く、その数1万件以上です。IT業界の求人を取り扱う就職エージェントの中でも、トップを争う程に多いと言われています。

IT業界は人手不足の影響があり、売り手市場です。「ゲームが趣味」「プログラミングの知識がある」といった方はWORK PORTでの就職活動が向いているでしょう。

ただ、求人数が多いからこそ、望んでいない条件の求人を紹介されてしまうといったデメリットもあります。

\ サービスは無料 /

リクルートエージェント

  • 保有求人数が圧倒的に多い
  • サービスの質が高い
  • スマホアプリで簡単に就活できる

リクルートエージェントは業界最大級の就職エージェントです。そのため、保有している求人数が圧倒的に多く、公開・非公開求人が計30万件あります。求人数が多いメリットは、自分にとってより良い条件の仕事や自分に合った仕事を見つけやすくなることです。

また、リクルートエージェントには専用のスマホアプリがあり、そこから簡単に求人検索や書類の作成ができるので、気軽に就職活動を進められるでしょう。

さらに、リクルートエージェントは、書類添削や面接対策といったサポート体制が充実していることにも定評があります。リクルートエージェントは多くの方の就職支援を行ってきた経験と実績があり、その豊富な知識やノウハウを活かしサポートしてくれるのも嬉しいポイントです。リクルートエージェントで開催されている「面接力向上セミナー」に参加した方の面接通過率が、通常の20%上昇したという研究結果も出ています。

手厚いサポートが人気のリクルートエージェントですが、サポート期間は3ヵ月と限られています。サポート期間に限りがあるのはデメリットと言えるでしょう。

\ サービスは無料 /

リクルートの評判や口コミを実際に確認してみた

パセリスタッフ

  • ライフスタイルに合わせて就活できる
  • 資格取得サポートあり

パセリスタッフは、正社員だけでなく派遣社員や契約社員といったさまざまな雇用体系の求人を取り扱っています。そのため、フリーターから正社員への転向に不安を感じている方でも、安心して就職活動することができるでしょう。

また、資格取得に向けた講座を開設しているのもメリットの一つです。具体的な講座の一例は以下のようになります。

  • 保育士資格対策講座
  • 保育士コミュニケーション講座
  • 幼児教育アドバイザー
  • 現場研修
パセリスタッフは、女性向けの就職エージェントと言えます。好条件の求人を探している男性には向かないかもしれません。

\ サービスは無料 /

第二就職エージェントneo

  • ブラック企業を排除している
  • 未経験者向けの求人が多い
  • 内定後のサポートあり

第二就職エージェントneoは、求人からブラック企業を排除しています。公式サイトにも以下のような記載がありました。

第二新卒エージェントneoでは厳選した求人のみをご紹介しています。社会保険が無い、離職率が高い、若手を育てる環境がない・・・などの企業とのお取引は全てお断りしております。

また、第二新卒エージェントneoの求人数は1万200件程あり、そのうちの約5,000件が未経験向けの求人です。求人数が多い上にブラック企業を排除しているので、フリーターから正社員への転向に不安がある方でも、自分に合った求人を見つけられる可能性が高いでしょう。

第二新卒エージェントneoでは、就職が決まってからも「内定後研修」があります。就職が決まったと同時にサポートが終了になるエージェントも多い中、内定後にもアフターフォローが付いているので安心です。

ただ、第二新卒エージェントneoの求人は関東・東海・関西の大都市圏に集中しています。全国対応可能ではあるものの、地方都市の求人は少ないので、地方都市に住んでいる方にはデメリットとなるでしょう。

\ サービスは無料 /

DYM就職

  • 書類選考なし
  • 対象地域が広い
  • 取り扱っている業界が多い

DYM就職では、「IT」「システム」「不動産」「メーカー」「人材」「販売」「教育」「広告」など、さまざまな業界を取り扱っています。そのため、自分の希望に合った求人を見つけることができるでしょう。また、DYM就職は対象地域が広いのもメリットの一つです。日本のほとんど全ての地域で就職活動のサポートを行っており、面接地も「札幌」「東京」「名古屋」「大阪」「福岡」の5都市で開催しています。

また、DYM就職を通して求人に応募する場合、書類選考なしで応募可能です。経歴よりも人柄や適性を重視されるので、職務経験のないフリーターの方でも安心して就職活動できます。

ただし、DYM就職で就職活動できるのは18歳~35歳までです。それ以上の年齢の方は対象外になり利用できなくなるのはデメリットと言えるでしょう。

\ サービスは無料 /

DYM就職の評判や口コミを実際に確認してみた

JAIC

  • 研修内容が充実している
  • 書類選考なし
  • 入社後定着率94.3%

JAICでは、実際に各企業に足を運び現地の実態を調べながら、ブラック企業を排除しています。そのため、入社後に「こんなはずではなかった」「思っていた条件と違う」といったミスマッチが起こりにくいでしょう。JAICを通して就職を決めた方の入社後定着率は94%以上です。

JAICはサポートが充実している点にも定評があり、ビジネスマナーの講座や企業研究などさまざまなことを学べます。具体的には以下の3コースから選択可能です。

  • 7つの習慣
  • 原田メソッド
  • リーダーカレッジ

入社後にも合計4回研修があり、就職が決まった時点でサポートが終了することなく、継続して見守ってもらえる安心感があります。

また、JAICを通して求人に応募する場合、書類選考がありません。JAICは全国に48社しかない、厚生労働省による85の項目の厳しい審査をクリアした「職業紹介優良事業者」です。JAICへの信頼が厚いため、書類選考なしで面接まで進むことができます。職務経験のない方でも就職の可能性を広げることができるでしょう。

利用者の中には研修が「厳しい」「つらい」と感じた方もいるようです。ただ、社会人になってからの困難や辛さを考えると、入社前にさまざまなことを研修しておくことに損はないでしょう。

\ サービスは無料 /

JAICの評判や口コミを実際に確認してみた

マイナビジョブ20’s

  • 適性検査の精度が高い
  • 大手企業ならではの安心感あり
  • 未経験向けの求人が多い

運営母体となっている「マイナビワークス」には、20年以上の歴史があります。大手企業なので、たくさんの方をサポートしてきた実績やノウハウがあり、経験を活かしたサポート体制が魅力です。ひとりひとりに合わせて、強みを引き出し、就職するための的確なアドバイスをくれます。

またマイナビジョブ20’sは、適性検査にも定評があります。世界で数千人が利用する信頼性の高い適性検査を実施しているので、自分に合った仕事を知ることができるでしょう。フリーターからはじめて正社員になる方で、どの仕事が自分に合っているか分からない場合にぜひ利用したい制度です。

また、マイナビジョブ20’sで取り扱っている求人の6割が、未経験向けの求人となっています。初めての業界に就職したいときにも、希望に合った求人に出会える可能性が高いでしょう。

ただし、マイナビジョブ20’sで取り扱っている求人は東京や大阪、名古屋などの大都市圏がほとんどです。地方都市の方は利用しずらいかもしれません。

\ サービスは無料 /

マイナビジョブズの評判や口コミを実際に確認してみた

キャリアスタート

  • 学歴・職歴不問の求人が多い
  • アドバイザーの実績がある
  • キャリアアップを目指してくれる

キャリアスタートは、質の良いアドバイザーが在籍していることで定評がある就職エージェントです。リクナビNEXTのGOOD AGENT RANKING決定人数部門で430社中3位に選ばれた方や、個人部門で2位~6位入賞した方などが在籍しています。

専門知識や豊富な経験を持ったアドバイザーが、就職後のキャリアアップを目指したサポートを行ってくれるので、少しでも好条件の仕事をしたい方はぜひ利用してみましょう。また、取り扱っている求人のほとんどは、職歴・学歴不問の未経験者向けのものばかり。フリーターや第二新卒など社会経験の浅い方でも安心です。

キャリアスタートのデメリットは、求人数が少ないことです。保有求人数は1,000件程度と言われています。

\ サービスは無料 /

リクらく

  • 内定後にもアフターフォローあり
  • ブラック企業の求人が少ない
  • 未経験者向けの求人が多い

リクらくのメリットの一つは、サポート体制の充実していることです。通常、就職が決まるとサポートが終了しますが、リクらくでは内定後も定期的に連絡を取りアフターフォローをしてくれます。悩み事や相談があれば気軽に話せるので、安心です。

また、保有している求人にも特徴があり、各企業と提携する際にしっかりと調査・選別しているのでブラック企業の求人が少なくなっています。さらに、未経験でもできる求人が多いので、フリーターの方でも安心です。

ただ、求人数が少なく大手企業の仕事もあまりないのがデメリットと言えます。

\ サービスは無料 /

ウズキャリ

  • 内定率が高い
  • 職業訓練コースがある
  • IT系の求人が多い

ウズキャリは内定率が高いのがメリットの一つです。ウズキャリの内定率は86%程度ですが、自分で就活を行った社会人の内定率は45%程度と言われています。

ウズキャリの内定率が高くなる理由としては、まず職業訓練コースがあることです。インフラエンジニアとSEの2コースあり、就職前に必要な知識やスキルを身に付けることができます。

また、IT関係の求人が多く、全体の40%程度を占めています。職業訓練コースでしっかりと知識を深めてから、それを強みにして採用試験に臨めるので、自然と就職率が上がるのでしょう。

逆に、職業の選択肢が少ないのがデメリットと言えます。IT関係以外の仕事に就きたい方には、残念なポイントです。

\ サービスは無料 /

ウズキャリの評判や口コミを実際に確認してみた

その他の就職方法3選

就職エージェント以外にも就職方法はあります。また、就職エージェントを利用しながらも、並行して利用するとより効率よく就職活動できるでしょう。

就職サイト

就職サイトは数万件の求人が載っています。就職エージェントは求人件数1,000~5,000件くらいのことが多いので、就職サイトも利用すると希望条件に合った求人を見つけられる可能性が高まるでしょう。

就職サイトは基本的に、就職活動を支援するサービスがありません。そのため就職サイトを利用する場合は自分で進めることになります。

ただ、就職エージェントは大都市圏にしか支店がなく、求人も大都市圏に偏りがちです。その点、就職サイトは地方在住者でも問題なく利用できます。

転職エージェント

就職エージェントと似たような働きを持つ「転職エージェント」も利用できます。転職エージェントも就職エージェントと基本的なサービス内容は同じですが、対象者が異なります。

転職エージェントの対象者は、「職務経験がある方」「キャリアアップを狙う方」です。未経験OKの求人よりも、好条件の求人を多く取り扱っています。そのため現在フリーターではあるものの、長い職務経験がある方や特殊な資格を活かして働いていたことがある方は、転職エージェントも利用できるでしょう。

ハローワーク

ハローワークは公的機関が運営する就職支援サービスを行う場所です。ハローワークも無料で利用でき、求人紹介や履歴書添削といったサービスを受けることができます。

また、ハローワークでは職業訓練やセミナーといった講座も開催しているので、就職前に知識やスキルを身に付けたい方におすすめです。職業訓練校では、簿記やプログラミング、医療事務などさまざまなコースがあり、自分の希望するものを学ぶことができます。

まとめ

就職エージェントはたくさんあり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。就職エージェントが合わないと「なかなか求人を紹介してもらえない」「ミスマッチが多い」などトラブルの元になるでしょう。

フリーターの方が就職エージェントを選ぶ際は、できるだけブラック企業を排除していて、未経験向けの求人が多く保有しているところがおすすめです。今回の記事も参考にしながら、自分に合った就職エージェントを見つけましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる