ダイハツ工業の平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

ダイハツ工業の平均年収は651万円です。

ダイハツ工業に転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、ダイハツ工業の役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

ダイハツ工業の平均年収は651万円

従業員数は2020年4月の時点で13,156万人、平均年齢は40.4歳、平均勤続年数は18.5年のダイハツ工業の平均年収は、651万円です。

さらに詳しく見ると、40代後半で平均年収は607万円~781万円となっており、月収は46万円、ボーナスは182万円となっています。

日本全体のサラリーマンの平均年収は400万円程度なので、ダイハツ工業では平均よりも高い年収と言えるでしょう。

平均年収はここ数年で571万円~664万円の間で変化しており、その年によって多少の差があります。

また、ダイハツ工業の月平均の所定外労働時間は28.2時間となっており、民間の調査によれば、残業の平均時間は24.9時間なため、平均よりも少し多い数字と言えます。

最終学歴や役職によって年収が変わってくるよ。

ダイハツ工業の業績推移

2016年にトヨタグループの子会社になったダイハツ工業の過去3年の営業推移は、以下の通りです。

売上高(収益) 営業利益率 経営利益
2018年 1兆3,150億円 6.5% 1,210億円
2019年 1兆3,510億円 5.6% 1,190億円
2020年 1兆4,350億円 7.0% 1,210億円

2019年では前年度の営業利益率や経営利益を下回る結果となってしまいましたが、2020年では好調の結果となっています。

また2020年4月の新車販売台数は前年度と比べるとマイナスの企業が多く、全体的には落ち込んでいますが、ダイハツではプラスと好調の結果でした。

国内で軽自動車の生産台数は減少傾向ですが、その中でもダイハツはトップシェアを維持しています。

それぞれ独自の個性を重視して開発されていて、あまり競合していないため、今後の成長もさらに期待できるね。

ダイハツ工業の年齢や役職・学歴別の平均年収

ダイハツ工業の平均年収は651万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。

ダイハツ工業の年齢毎の年収推移

ダイハツ工業の5歳ごとに分けた年収推移は、以下の通りです。

年齢別の年収 給与 ボーナス
20~24歳 321~371万円 23万円 93万円
25~29歳 412~462万円 29万円 116万円
30~34歳 408~508万円 32万円 127万円
35~39歳 475~579万円 36万円 145万円
40~44歳 530~651万円 41万円 163万円
45~49歳 607~729万円 46万円 182万円
50~54歳 671~781万円 49万円 194万円
55~59歳 665~775万円 48万円 194万円
60~65歳 427~527万円 33万円 132万円

年収で言うと国税庁によると、20代前半の平均年収は約248万円となっているため、ダイハツ工業では20代から平均以上の年収と言えます。

またボーナスは、夏と冬の2回分を合わせた4カ月分となっています。

この表からわかる通り、平均年収は50代がピークとなっています。平均年収が800万円~1,000万円でエリートと呼ばれるため、ダイハツ工業でも期待できるでしょう。

家族ができても十分な年収だね。

ダイハツ工業の役職毎の年収推移

ダイハツ工業の役職ごとの年収推移は以下の通りです。

役職 年収
主任 559万円
係長 695万円
課長 919万円
部長 1,016万円

役職に就くことで年収が上がっていき、例えば主任と部長では約500万円程の大きな差があります。

役職によってこれほど大きな差があれば、仕事のモチベーションにも繋がるでしょう。

ただし、ダイハツ工業の昇給や評価のシステムをしっかりと確認しておくことで、昇給も可能です。昇給の話は、上司と話をすり合わせておくことで、納得できる結果になることが多いです。

学歴による年収の差

最終学歴での年収の差は、以下の通りです。

最終学歴 50~54歳の学歴ごとの年収
大卒 997万円
短大卒 734万円
高卒 625万円

この表からわかる通り、50代にもなると高卒と大卒とでは、350万円以上の大きな差があります。

最終学歴の差は、入社してすぐの年収ではたった数万円の差ですが、中年にもなると絶対に越えられない年収となっており、大きなショックを受けるでしょう。

ですが、頑張り次第では大卒の年収を超えることも可能なので、諦めず自分にできることから挑戦することが大事です。

例えば、仕事の習得期間に「自分は成長できる人間だ」ということをアピールできれば、たとえ高卒でも早いうちから大卒者の年収を超える可能性があるでしょう。

ダイハツ工業の生涯年収

ダイハツ工業の平均年収は651万円×38年。この計算から、生涯年収は2億4,700万円となります。

サラリーマンの平均年収が400万円×38年とすると、生涯年収は1億5,200万円となるため、サラリーマンの生涯年収とダイハツ工業の生涯年収では、1億円近くの大きな差があります。

働く時間はそれほど変わらなくても、勤める企業によって生涯年収にこれほどの差が出ると、大きなショックを受けるでしょう。

生涯年収に大きな差があるため、一生のうちで購入できる車や住宅などにも差が出るでしょう。

ダイハツ工業は福利厚生が充実している!3つのポイント

ダイハツ工業では、福利厚生が充実しています。沢山ある中から、特に魅力的な3つを紹介します。

健康保険や休日

健康保険、厚生年金は社会保険での、手厚い会社の負担があります。

慶弓・私傷病に対しての「共済会制度」や、自助努力による「団体保険制度」があり、合理的かつ有利な条件で加入できるものがあるでしょう。

また、休日は年間121日の休日を設定しています。

週休2日制で、ゴールデンウイーク、夏休み、年末年始それぞれ約9日間の連休があります。

まとまった休日があるため海外旅行や、まとまった休日でしかできないことの計画も立てやすいでしょう。

年次有給休暇は、入社から毎年増えていき、最大で20日まで取得可能です。2016年の年次有給休暇全社員平均取得日数は約18.3日と、ダイハツ工業の社員はしっかりと、有休を利用することができています。

社員寮がある

ダイハツ工業には、男性寮・女性寮の社員寮があります。

社員寮に入寮することで、食事や健康管理がしやすくなるため、安心して仕事に打ち込めるでしょう。

入寮には通勤時間などの条件があり、会社に認められた場合に入寮できます。

また、寮では先輩社員との交流ができるため、日常生活の悩みだけではなく仕事面での相談もしやすいでしょう。

体育部なら空手や野球、文化部なら書道や音楽などのクラブ活動もあるよ。

ダイハツの車を安く買える

ダイハツ工業の社員になると「社員優待価格」が適用されるため、タント、イース、ムーヴなどのダイハツ車が安く買えます。

ダイハツ車は、市場では値引き幅が少ないと言われているので、これは嬉しい福利厚生ですね。

また「自動車購入資金貸付制度」により、購入資金のほぼ全額を低金利で借りることもできるため、新しいダイハツ車をいち早く手にすることもできるでしょう。

気になる値引額や、貸付付与率は企業秘密となっているよ。具体的な話は入社後のおたのしみ。

ダイハツ工業の就職難易度(偏差値)は55

ダイハツ工業の就職難易度(偏差値)は55です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。
就職難易度(偏差値) 企業名
75 トヨタ自動車、デンソー、豊田中央研究所
70 本田技研工業、ブリヂストン、豊田自動織機、トヨタシステムズ
65 日産自動車、アイシン精機
60 SUBARU、いすゞ自動車、マツダ、スズキ、トヨタ車体、トヨタ紡織、ヤマハ発動機、横浜ゴム
55 三菱自動車、日野自動車、豊田合成、ダイハツ工業、NOK、ボッシュ、フタバ産業、住友理工、テイ・エス・テック、日産車体、ジーテクト、エイチワン、愛三工業、新明和工業、八千代工業、曙ブレーキ工業、日本特殊陶業、TOYO TIRE
50 大豊工業、マレリ、ユニプレス、タチエス、ヨロズ、東亜工業、KYB、武蔵精密工業、ケーヒン、日本プラスト、ショーワ、ニチユ三菱フォークリフト、河西工業、トピー工業、極東開発工業、日信工業、岐阜車体、日本精機、ハイレックスコーポレーション、エフテック、プレス工業、エフ・シー・シー、ユタカ技研、太平洋工業、バンドー化学、エクセディ、ジャムコ、タカタ、チエス、日本プラスト、IJT、三櫻工業、シロキ工業、今仙電機製作所、日本車輌製造、富士機工、極東開発工業、西川ゴム工業、大同メタル工業、鬼怒川ゴム工業、フコク、モリタHD、村上開明堂、自動車部品工業、ダイハツディーゼル、ニチリン、東京ラヂエーター製造、日本電産トーソク
45 深井製作所、千代田工業、丸順、ティラド、ミクニ、ニッタ、オカモト、ファルテック、GMB、三ツ星ベルト、サノヤス、アイメタルテクノロジー、TBK、日鍛バルブ、ティラド、ミクニ、オカモト、ファルテック、田中精密工業、ユニバンス、安永、佐世保重工業

この表から、ダイハツ工業の親会社であるトヨタ自動車や、大手自動車会社の日産自動車、マツダ、スズキと比べると就職難易度(偏差値)が低いため、これらの大手自動車メーカーと比べると、入りやすい企業と言えるでしょう。

ただし、大学入試の偏差値とは異なるもので、あくまで入社難易度の目安としたものです。

ダイハツ工業の人事制度や人材育成制度って?人材育成2つの基本理念

自動車産業は国際競争の激化や、環境関連規制の強化などにより、厳しいビジネス環境になっています。

そこでダイハツ工業の人材育成では、他社に負けない独自の商品や、サービスを提供できるように、2つの事を基本理念としています。

誰にでもチャンスがある「機会均等」

性別や職種に関係なく社員一人ひとりが自ら考え、行動できるよう「いつでも、誰でも、公平にチャレンジできる」機会均等の実現を目指しています。

例えば、人事制度の特徴としては旧制度では「技術系統」や「事技系統」など系統ごとに役割や職務が決まっていましたが、新制度では職種系統やコースを廃止し社員制度1本化することにしました。

入社時に決められていた働き方や、学歴に囚われなくなったのです。

すると、従業員一人ひとりの活動領域が広がり、さらなる成長を促進する結果となりました。

車全体について関わることで業務全体の流れを把握しやすく、今までのキャリアを生かすチャンスも多くあるでしょう。

ダイハツ工業では、一人ひとりの個性を大事にしているよ。自分の培った感覚や、経験を思う存分発揮しよう。

頑張るほど評価される「実力主義」

ダイハツでは、学歴や年齢、職種系統に関係なく「頑張って成果を上げた人に報いる」実力主義となっています。

なかでも評価制度は、評価の公平性を保つために評価そのものより、評価制度の運用方法や評価者の取り組みが重要と考えられています。

学歴や勤続年数に囚われず仕事の成果や成績で評価されるため、頑張り次第で昇給を期待できたり、仕事へのモチベーションが高まるでしょう。

ダイハツ工業の評価制度は、以下のような取り組みに力を入れています。

  • 定期的に評価者を教育する
  • 評価結果やその理由などを、役割の本人にフィードバックする
  • 評価者である管理職への多面評価

評価方法がしっかりしているため、精一杯の力を発揮できるでしょう。

与えられた仕事を淡々とこなすよりも、自分で考え行動し、仕事を楽しみたい人に向いているね。

ダイハツ工業に転職する時の3つの注意点

創立110年を超えるダイハツでは「世界中の人々に愛されるスモールカーづくり」を使命とし、お客様一人ひとりに輝いたライフスタイルを提供することを目標としています。

さらに、暮らしや環境、家計への負担も少ないモビリティライフを提案しています。

そこで、ダイハツ工業に転職する際は、高い意欲がある人が求められるため、以下の3つに注意しましょう。

限界を作らずに挑戦する志をアピールする

常に向上心があることをアピールしましょう。

中でも、先進技術についてをダイハツができることは、まだまだあると考えているため、初めから限界を決めるのではなく、挑戦し続ける姿勢を見せることが大切です。

また、ダイハツは先進技術をみんなのものに、さらに求めやすい価格で提供できるように考えています。

面接の際はダイハツと共に自分も進化し続けたい!という強い気持ちをアピールしましょう。

例えば、具体的にはどのような挑戦を考えているかを、伝えられるとなお良いね。

幅広く業務に取り組めるマルチさをアピールする

社員一人ひとりの個性を発揮するからこそ、ダイハツの可能性が生まれると言っています。

例えば、自分がどのような経験をして、それをどう生かしてきたかの具体例を沢山挙げ、マルチさをアピールすると良いでしょう。

特に、自分だけが持つそれまでの経験や体験を、ダイハツでどう生かすかをアピールできると良いです。

そして、自分がダイハツで個性を発揮することでその先に、あらゆる可能性があるということも一緒に伝えられると良いでしょう。

自分の経験や個性を生かすことができる会社だよ。

グローバルに活躍できることをアピールする

日本だけにとどまらず、グローバルに活躍できることをアピールしましょう。

ダイハツでは「世界になくてはならないブランド」に成長させるために、「Light you up」というスローガンを掲げています。

自分のやっている仕事が誰かのためとなっていることや、1人ひとりが高い仕事意識を持っていることが、グローバルに活躍できることに繋がると考えています。

自分の経験をどう活かし、グローバルに活躍できるのかをアピールできると良いでしょう。

また、海外にも拠点があるため、世界を相手に売り込むことができる人材が求められるでしよう。

ダイハツの車はインドネシアやマレーシアなどの東南アジアでも、人気があるよ。

本気で転職したいなら転職エージェントを活用しよう

これまでダイハツ工業の年収や就職難易度・就職する時の注意点について解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

以上でダイハツ工業の年収についてを終わります。

ダイハツ工業では自ら考えて行動でき、高い仕事意識のある人材を求めているため、強い信念がある人に向いているでしょう。

ダイハツ工業に挑戦する際は、本記事の内容を是非参考にして下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる