通勤時間を無駄に感じるときの対処法を解説!無駄を省く方法も紹介!

仕事をしている社会人は、常に様々な要因でストレスにさらされがちです。中でも通勤時間はプライベートを犠牲にしたりストレスが溜まりやすかったりする分、無駄に感じる人もいます。

ただ考え方によっては通勤時間を有意義な時間に変えることも可能です。加えて出社までの時間を大幅に省く方法もあります。

今回は通勤時間を無駄に感じた場合の対処法を色々とご紹介しましょう。今回の記事は以下の人におすすめです。

  • 日頃通勤時間を苦痛に感じている人
  • 通勤時間を何とか有意義に使えないかと考えている人
  • なるべく通勤時間を省きたい人
目次

日本人の平均通勤時間は何分なのか

社会人が感じがちなストレスは様々です。そしてストレスの中でも、通勤時間にまつわるものを挙げる人もいますよね。

通勤時間は極力短い方が良いと考える人もいるでしょう。まずは日本人の平均通勤時間が何分なのか見ていきます。

総務省統計局の平成28年社会生活基本調査によれば、全国の平均が往復で約1時間20分です。片道に換算すれば約40分になり、毎日かなりの時間を取られていると言えます。

特に東京など1都3県では往復で1時間半~40分、片道で50分前後が平均です。毎朝満員電車で50分もの時間揺られると、大きなストレスになるでしょう。

通勤時間が無駄に感じられる理由5つ

長い時間を満員電車などに揺られるため、多くの社会人が通勤時間に対してネガティブなイメージを抱きがちです。確かに首都圏のように1時間近くも満員電車で過ごすことは苦痛ですよね。

そして毎日満員電車などを使う人の中には、通勤時間を無駄な存在と考える人も多いです。無駄とされる理由に、以下の5つがあります。

ストレスが心身をむしばむから

まずストレスが心身をむしばむことが大きな理由です。特に満員電車ではあまりにも多くの人が同じ車両にすし詰めとなっている分、身動きが取れないだけで苦痛を感じます。

場合によっては他の人がぶつかってきたり靴を踏んだりすることもあり、トラブルに発展する危険性もあるでしょう。女性の場合は痴漢や盗撮のリスクがある点でも大きなストレスです。

他にも事故などの影響で電車やバスが中々来ないケースもあります。朝ラッシュ時に交通トラブルがあると、遅刻への不安も大きくなりやすいです。

身動きが取れないことやトラブルに巻き込まれるなどのストレスにさらされやすいため、会社に到着する時点で疲れがちです。

自由な時間が少なくなるから

また自由な時間が少なくなる問題も挙げられます。移動時間が長くなるほど出社前にできる家事や、帰宅後にできる趣味に時間を掛けにくいです。

人によっては会社に着くまで片道1時間以上という人もいるでしょう。もし1時間あれば、朝食後のゆとりある出社準備以外にも、ちょっとした読書や勉強、育児などに専念できます。

通勤時間の存在は自分のしたいことに投入できる時間を確実に減らしがちです。1日の自由時間も全体的に減る分、余計にストレスを感じやすいでしょう。

睡眠時間をある程度犠牲にしてしまうから

さらに睡眠時間をある程度犠牲にする羽目になる点も挙げられます。

確かに通勤時間が長くなる分、家での睡眠時間が減るため、遅寝早起きになりやすいです。電車などで仮眠を取ろうにも、座席が空いていなければ難しいでしょう。

仮に出社時刻が8時半で、通勤時間が1時間の場合は朝6時に起きなければ間に合いません。前の晩に残業で帰宅が遅くなった場合、睡眠不足に陥るケースも多いです

もし長時間通勤が原因で睡眠時間が減る場合、通勤時間は無駄であるだけではなく、健康をも損なう要素と言えます。

仕事に悪影響が出る場合も多いから

仕事に悪影響が出る場合がある点でも無駄です。満員電車に揺られて出社した時点で疲れていれば、仕事中にミスを犯すケースもあります。

加えて睡眠不足の状態で出社した場合は、モチベーションも下がりやすいです。全体的に仕事での作業効率も大きく下がります。

感染症のリスクもあるから

最後に電車やバスという密閉された空間に大勢の人が詰まっている分、感染症のリスクも高いです。最近多い感染症の他、冬場の風邪も空気感染するでしょう。

もし満員電車が原因で感染症や風邪に罹った場合、一定の期間会社を休む羽目になります。特に非正規雇用の人の中には休業補償を受けられない人もいるため、生活のピンチになる点で問題です。

通勤時間を有効活用する方法8つ

余計なストレスを増やしたり自由な時間を削ったりするという点で、通勤時間に意味がないと感じる人もいますよね。しかし少し考え方を変えれば、通勤時間も有益な時間にできます。

有効活用する方法として、以下の8種類が代表的です。

読書

最初に読書が挙げられます。小説や漫画などであれば作中の世界に没頭できる分、ストレスを発散しやすいです。また専門書や自己啓発本であれば新しい知識や考え方を吸収できます。

加えて読書はわざわざ座席に座らなくても集中できる行為です。書籍以外にも新聞を読めば、最新の情勢に触れられるでしょう。

英語などのリスニング学習

次にご紹介するのが英語などのリスニング学習です。多くの企業で英語力が重要視されている現在、移動中の時間を利用すれば英語力を高められる上、キャリアアップも期待できます。

最近では英語学習用のアプリも多く、中には短時間で学習できるものがある点もメリットです。イヤホンを使うのが一般的である分、集中的に英語力を向上させられます。

ラジオ

電車やバスで移動中にラジオを聞くのもおすすめです。リスナー向けに一方的に聞こえてくる分、ストレスなく話に集中できます。加えて朝早くの眠気覚ましにも有効です。

ラジオ番組の中にはニュースや教養番組もある分、移動中の時間を利用したスキルアップや最新情報も入手できます。

動画配信サービスなどの娯楽

「通勤時間のせいで自由な時間がなくなる」と悩む人もいますよね。動画配信サービスなどを活用すれば、通勤時間を楽しい自由時間に変えられます。

ネットフリックスやHuluなどの動画見放題サービスを活用すれば、好きなタイミングで好きな番組などを視聴できるでしょう。特に1時間以上掛かる人の場合は、1話丸ごと視聴しやすいです。

動画以外にも簡単にできるゲームアプリを活用すれば、駅などに着くまでの時間も没頭できるでしょう。いずれも普段自由な時間が確保しにくい人向けです。

メールチェックなど簡単にできる仕事

スキルアップや娯楽以外にも、通勤時間を使って簡単な仕事を片付けるのも良いでしょう。もし簡単にできる仕事を先に済ませれば、出社後は優先するべき課題に集中できます。

おすすめの作業としてはメールチェックが良いです。特に普段関わる人が多い場合は、早めにチェックや返信を済ませれば大きな時間の節約になります。

目標の設定

簡単な仕事以外にも今後に向けた目標の設定もおすすめです。目下の課題や今後の目標などを整理した上で、将来自分がなりたい姿をイメージできます。

加えて現在達成したことやまだ実行できていないことを思い返せば、短期的な課題も見えてくるでしょう。未来を想像したり楽しい妄想に浸ったりできる分、前向きにもなれます。

ブログ執筆

通勤時間を使ってブログを更新するのもおすすめです。定期的に更新することで文章力やマーケティング力を磨いたり、読者のニーズを掴む目を養ったりできます。

特に文章力については、会社で報告書などを作成する際に便利です。noteのように記事を有料化できるサービスであれば、ちょっとした小遣い稼ぎもできます。

ポイ活など小遣い稼ぎ

最後にポイ活などで小遣い稼ぎするのもありです。ポイントサイト上で貯めたポイントを現金などに交換できるポイ活はスマホ向けアプリもあるため、通勤時間の有効活用に繋がります。

短期的には大きな金額にならなくても、長く継続的に行えばある程度まとまった金額を得られるでしょう。複数のサイトに登録すれば、移動時間の中で小遣い稼ぎに集中できます。

なおポイ活以外にも、クラウドソーシングのアンケート案件など簡単な仕事でお金を得るのもおすすめです。

通勤時間の無駄を省く方法4つ

通勤時間を有効活用できる方法を見てきたものの、いっそのこと通勤時間の無駄を省きたい人もいますよね。実は無駄を省く方法も4つ挙げられます。

職場の近くでなるべく家賃の安い家を見つける

最初にご紹介するのが、職場の近くでなるべく家賃の安い家を探すことです。確かに職場に近いところで安い物件を見つけられれば、時間やストレスを大きく軽減できます。

職場の場所によって高い物件が多い点や引っ越し費用が掛かる点も考慮に入れると良いでしょう。ただ長期的な目線で考えれば、健康で豊かな人生を送る上でおすすめです。

転職

また家の近くにある企業やフレックスタイムを導入している企業などに転職するのも良いでしょう。家の近くにある職場の場合は通勤時間自体を短くできます。

加えて導入企業であればラッシュアワーを避けられる分、ストレスを軽減しやすいです。座席で好きな時間の使い方もできるでしょう。

他にも残業時間の短さで評判が高い企業を選ぶのも1つの考え方です。残業時間が短ければ、帰宅後の自由な時間を増やせます。

テレワークや自宅勤務の活用

3番目の方法としてテレワークや自宅勤務を活用するやり方もおすすめです。基本的に自宅や近所のカフェなどで仕事しやすい分、通勤時間を大きく省けます。

加えて家族と一緒に過ごす時間も増やせるため、パートナーや子供たちと楽しい思い出を作る機会も増やせるでしょう。また感染症対策になる点や単調な生活を変えられる点でもおすすめです。

もし転職を考えるのであれば、テレワークや自宅勤務を導入している点を条件に入れるのも良いでしょう。

ホテルから通勤する方法もあり

他にも職場の近くにあるホテルから通勤する方法もあります。1泊数千円程度のビジネスホテル以外にも、比較的安く宿泊できるゲストハウスやホステルを利用するのもおすすめです。

ただ1泊で千円単位のお金を使うため、頻繁に使える方法ではありません。比較的お金に余裕のある人向けの方法と言えます。

通勤時間が無駄にならない2パターン

実際に通勤時間を無駄に感じる人は多いです。ただ場合によっては無駄にならないパターンもあります。主なパターンが以下にご紹介する2通りです。

通勤時間が長めで満員電車ではない場合

最初のパターンが、通勤時間が長めで満員電車ではないケースが挙げられます。移動時間が長くても電車があまり混んでいない場合は、席に着いて到着までの時間を有意義に過ごせるでしょう。

加えて着席できる場合は読書など立ってできることに加えて、座らなければ難しい時間の使い方もしやすいです。特急など便利に移動できる便であれば、車内で朝食も摂れます。

徒歩15分以内の場合

もう1つのパターンが、会社まで徒歩15分以内の場合です。15分歩いていく場合は出社まで時間がかからないため、朝もゆとりを持って過ごせます。

加えて出社の途中を散歩の時間に充てているのと同じであるため、運動不足の解消という意味でも有意義です。特にデスクワークの人にとっては、運動の習慣を自然と身に付けられます。

まとめ

今回は通勤時間を無駄に感じる場合の対処法などを色々と見てきました。多くの会社員が最低でも40~50分、長い場合で1時間以上かけて出社します。

加えてストレスを溜める点や自由な時間を犠牲にする点などがある分、通勤時間は無駄に感じやすいです。読書やリスニング学習などで有効活用できます。

他にも職場の近くへの引っ越しや転職などは、通勤時間の削減におすすめの方法です。満員電車などは苦痛に感じられるものの、考え方1つで出社までの時間を活かせるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる