「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の要約と感想!神ワザを徹底解説

突然ですが、あなたは仕事や日常の所作でミスをしたことがあるでしょうか?

当然人間にミスはつきものですが、日々生活しているとミスをしやすい人・全然ミスをしない人が分かれますよね。その違いはなんなのでしょうか。
本記事では、樺沢紫苑さんの著書である「絶対にミスをしない人の脳の習慣」について解説していきます。

この記事を読むことで、限りなくミスをしない人間になることができますよ。

目次

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の要約

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の要約は下記の通りです。

ミスはあなたのせいではなく脳のせいで起こる

まず本著で最も大切なのは、ミスをして「自分は能力がない」と感じることは間違いだということです。

ミスをした時、あなたに問題があるのではなく、それは脳の情報処理の問題で起こるものであり、全て脳の仕組みのせいだと思ってしまって問題ありません。

そのため、「自分なんかじゃダメだ..」と落ち込んだり、自分を責めてしまっている人は、そんなこと全くする必要がないので覚えておきましょう。

ミスを引き起こす脳の仕組み

さて、ミスを引き起こすのは脳の仕組みのせいだと言いましたが、ミスを引き起こす原因としては、下記のようなものがあります。

  • 集中力の低下
  • ワーキングメモリの低下
  • 脳疲労
  • 脳の老化

主に上記のものが原因であることが多いので、根本的な原因を変えるためには、行動習慣を見直す必要があります。

脳のパフォーマンスを高めることが重要

行動習慣を見直すためには「脳のパフォーマンスを高めること」が重要です。

ミスの大半は「脳が充分なパフォーマンスを発揮できていない」からであり、不注意やうっかりミスの大半はこれが原因だと思ってもらって問題ありません。

大切なのは、単純にミスをする人がダメなのではなくて、どんなに仕事ができる人でも脳のパフォーマンスが下がるとミスを犯すということです。

そのため、日頃から脳のパフォーマンスを高める習慣を身につけ、脳と体が絶好調の状態を維持することができれば、ミスは必然的に減っていくでしょう。

脳を変えればミスは解決できる

脳を変えればミスを解決することができるので、脳のプロセスを変える方法を4つ紹介していきます。

  • 入力(情報をインプットする)
  • 出力(脳内の情報をアウトプット)
  • 思考(情報を元に考える)
  • 整理(感情や思考を整える)

上記のプロセスで脳のプロセスを変えていけば、自ずとミスを解決することが可能です。

次の項から、このプロセスについてさらに掘り下げて解説していきます。

ミスをしない人のインプット・アウトプット術

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」を要約しましたが、次にミスをしない人のインプット・アウトプット術を紹介していきます。

マルチタスクは集中力が下がるのでしない

まず「マルチタスクは集中力が下がるのでしない」という点です。

ミスを減らすコツとしては「脳に負荷をかけない」「脳のリソースを有効活用する」という点にあるので、マルチタスクで処理すると処理速度が遅くなり、ミスに繋がりやすくなります。

そのため、できるだけマルチタスクを行うのではなく、シングルタスクを行うようにしましょう。

一点集中型が、ミスをしない秘訣だと言えます。

効率的に情報を収集する

次に「効率的に情報を収集する」という点です。

例えば効率的な情報収集で思い浮かぶのが「スマホで調べる」ということだと思います。しかしこの方法は実は脳に悪影響を与え、ミスを引き起こす原因になるので注意が必要です。

  • 集中力を退化させる
  • 脳を疲労させる
  • ワーキングメモリを低下させる

そのため、情報収集はある程度時間を決めて実施することが大切です。

コツとしては集めた情報はメモ帳などに書いて纏めると、情報が整理させて記憶に残りやすくなります。仕事で大切なことなどは、メモして整理した方が良いでしょう。

脳の力を引き出す時間術・Todo術を使う

次に「脳の力を引き出す時間術・Todo術を使う」という点です。

まず脳の力を引き出す時間術についてですが、集中力の高い時間帯は「6時~10時」で集中直が低い時間帯は「14時~16時」だと言われています。

そのため、集中力が低い時間帯には、重要な仕事をしないようにすることが大切です。

そして集中力を維持するために「TODOリスト」を作成しましょう。TODOリストとは自分のやるべきことを箇条書きにして、分かりやすく書いておくものです。

実際に紙に書き出して、完了したことは思いっきり線を引いて消すことで、達成感を味わいつつ、自分のやることを忘れずにシングルタスクをこなすことができますよ。

質とスピードを上げる仕事術を使う

次に「質とスピードを上げる仕事術を使う」という点です。

具体的には、下記の仕事術を使うと効率的に仕事を進めることができます。
  • TODOは1つずつクリアしていく
  • 2つの仕事を同時にこなさない
  • 100点ではなく、まず30点を目指す
  • 先送りした仕事はすぐにTODOリストに

これで解決?ミスをしなくなる思考・整理術

次にミスをしなくなる思考・整理術について解説していきます。

根本的にミスをなくす思考法

まず「根本的にミスをなくす思考をしておく」という点です。

方法としては、最近してしまったミスを思い浮かべ「集中していたか」「元気があったか」などを考えます。そして次に「なぜミスをしたのか」「原因は何だった」を考えていきます。

ミスの要因が分かってきたら、最後に「どうすればミスをなくせるか」「集中アップに何が必要か」「疲れを回復させる方法」などを考えていきましょう。

このように日頃から自分と向き合い、自己洞察力を高めておくと、いざという時にミスをしない脳が完成していきます。

自己洞察力を高めるノート・SNS活用術

次に自己洞察力を高めるためにノートやSNSを活用していきましょう。

ノートに書き出す場合は、辛かったことや苦しかったこと、そして楽しかったことを書いて客観視することで、自己理解を深めていくことができます。

SNSを使う場合は自分が思っていることや感じたことをしっかり言語化して、自己洞察力を高めていきます。

このようにノートやSNSを活用していくことも、根本的にミスをなくすことに繋がっているのです。

パフォーマンスを上げる脳内整理術

次に仕事のパフォーマンスを上げるために1つずつ完了させるようにしましょう。先ほども解説しましたね。

単純に複数の案件を持って脳が常にそのことを考えていけない状態が続くと、脳の疲労がどんどん溜まっていくのでおすすめできません。
仕事をまず1つ完了させて頭をクリアにしていくことで脳内がスッキリし、結果次の仕事に集中することに繋がっていきます。

心を整えてミスを防止するストレス整理術

最後に心を整えてミスを防止するストレス整理術ですが、ミスが多い人と少ない人の違いを知っておきましょう。

ミスが多い人 ミスが少ない人
・イライラしている
・常に余裕がない
・ムシャクシャしている
・常に冷静
・平常心を忘れない
・余裕を感じられる

不満や愚痴ばかりを言っている人は、ミスを引き起こすことに繋がります。

そのため、ミスは笑い話にしてネタにするくらいで丁度良いので、笑顔で対処することが大切です。

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の感想レビュー

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の感想レビューは下記の通りです。

具体的な方法論が示されており、ミスやうっかり忘れ、ど忘れが気になる方は試していい内容だと思います。すべての方法を試すのは骨が折れるので、自分に合いそうな方法から試すのが良いと思います。

いかにして、日常生活の生活習慣の中で、自己洞察力を高めて、自分自身の心身のコンディションを整えて、注意力、集中力を高く保ち、ミスを限りなくゼロにしていくかの方法が網羅されています。

特に目新しいことはありませんでしたが←

自分が最優先するべきToDoは大きな字で書いて、見えるところに置くことでモチベーションを上げる ホワイトボード仕事術は參考になりました。

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の要約まとめ

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の要約は以上です。

最後になりますが、総務省の平成28年社会生活基本調査によると、日本の社会人の1日の平均勉強時間は約6分と言われています。非常に短いですよね。

時世的にも忙しい世の中になってきているので、効率的に読書などを行ってビジネススキルや教養を身につけていくことが大切です。

そこで数々の名著が要約されているサービス「flier(フライヤー)」を使うことで、1日10分程度で1冊の本を読解することができます。

flier

月額通常2,200円ですが、本サイトを経由することで10%オフの1,980円で無制限で本を読むことが可能です。

7日間の無料体験も実施しておりますので、まずはお試しで試してみてはいかがでしょうか。

\ 7日間の無料体験実施中 /

あわせて読みたい
flier(フライヤー)の評判と口コミは?メリットや効果的な利用方法も紹介
flier(フライヤー)の評判と口コミは?メリットや効果的な利用方法も紹介「本を読みたくてもなかなか読む時間がない」「買っても読めずに溜まってしまう」という方は多いのではないでしょうか。本は1冊読むのにも数時間かかるので、毎日少しず...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職で大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。仕事の小さな悩みから、転職に関する細かい情報まで発信していきます。

目次
閉じる