MENU

ボッシュに転職するには?仕事内容から就職する為のコツも解説

  • ボッシュに転職するには?
  • ボッシュの仕事内容や年収も知りたい

こんな悩みに答えます。

自動車関連の事業を展開する企業で働きたい、海外で働きたいといった希望を持っている人の中には、ボッシュへの転職を狙っている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、ボッシュに関してその企業情報から仕事内容、採用情報などについて解説します。

転職したいけど何からすればいいのかわからない、という人はこちらの記事を読んでボッシュに対する理解を深めてみて下さい。

目次

ボッシュの企業情報

ボッシュは、ドイツに本社を置く自動車機器のサプライヤーです。

「ボッシュの歴史は、クルマの進化の歴史」と言われるなど、世界トップクラスの企業だと言えます。そして日本では1911年に事業を開始しており、2021年には110年目を迎えます。

日本の自動車会社がグローバルな市場へと展開するためのサポートなどにも関わっている企業です。

そして現在もなお、新生代のエコロジー技術やエコノミー技術、セーフティ技術、さらには次世代エネルギー技術など各種技術への挑戦に取り組み続けています。

名前を知らない人もいるかもしれませんが、自動車業界には欠かせない企業、それがボッシュです。

ボッシュの仕事内容

ボッシュでは、自動車メーカー向けのシステムや製品の開発・製造、ドライーバー向けの自動車パーツやアクセサリーの販売、自動車整備機器の販売などを主に手がけています。そのため、取り組む仕事内容もこれらの事業に関連したものとなります。

具体的には、開発や生産技術、品質保証、営業・プロジェクトマネージメントなどが挙げられます。詳しい職種に関しては、後ほど解説します。

コーポレートスローガン

ボッシュ・グループは「Invented for life」をコーポレートスローガンとして掲げています。

これは、人々の生活をより安全で、よりよいものにするためのイノベーションを起こすという思いを表している言葉です。

環境保護を考慮したものづくりに取り組みつつも、革新的なソリューションの開発・提供にも取り組むことで、人々の生活の質向上に尽力します。

これから転職を目指す人は、ぜひこのコーポレートスローガンについても覚えておいて下さい。

ボッシュの採用情報

ここでは、ボッシュの採用情報について解説します。

ボッシュではどのような職種があるのか、年収はどのくらいなのか、さらには働きやすい環境であるのか、といった点について解説しているのでぜひ参考にしてみて下さい。

ボッシュの採用職種

先述の通り、ボッシュは自動車機器のサプライヤーであり、自動車関連の各種製品の製造を行っています。具体的には以下のような職種があります。

開発、生産技術、品質保証、営業・プロジェクトマネージメント、マーケティング、原価管理、生産管理、ロジスティクス、財務経理、総務、人事など

開発は、最先端の技術開発に取り組み、生産技術は、新規ラインの立ち上げ業務や新製品立ち上げ関連の業務などを行います。

また品質保証は品質やコンプライアンスをチェックして品質の管理、営業・プロジェクトマネージメントは、会社の顔として、開発から製造までの進捗管理を行うのが仕事です。

このように技術系、事務系の職種があり製品の製造や販売に関連する業務を行うことになります。

ボッシュの平均年収

ボッシュの平均年収は700万円台です。

ただし、あくまでも平均であり20代の若手は300万円台、ベテランになると900万円台などもいるなどその幅は広いと言えます。

700万円という金額は同業他社と比べても高水準であると言えるでしょう。

あわせて読みたい
ボッシュの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説
ボッシュの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説ボッシュの平均年収は689万円です。ボッシュに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。こ...

ボッシュの労働環境

ボッシュは、年に2回上司との面談が行われ、今後のキャリアパスについて伝え、上司は、本人が希望するキャリアを形成できるようにサポートしてくれます。

また求人が出ている部署の選考を受けることもでき、合格すればその部署に移動できる制度も用意されているなど、自分自身のキャリア形成に取り組みやすい環境です。

またボッシュは世界150以上の国で事業を展開している企業であるため、関わっている事業によっては海外出張を経験することも珍しくありません。

海外駐在をしている社員もおり、毎年70人程度が新規で海外に派遣され、常時150人ほどが海外にいる状態となっています。

仕事面での成長が大いに期待できる環境である一方、家庭を大切にしたい人に向けた制度も充実しています。

例えば、休暇制度に関しては、産休や育休、介護休暇などが整備されているほか、子供の看護に伴う休暇などもあります。また在宅勤務、時短勤務など勤務形態も様々です。これらの制度は年齢や性別、国籍に関係なく利用できます。

ボッシュ全体に「仕事と暮らしは、どちらも充実すべき」という考えや空気感があるため、仕事と家庭の両立も図りやすい環境だと言えるでしょう。

ボッシュの採用フロー

ボッシュの中途採用は、以下のようなフローで行われます。

  1. ポジション検索
  2. 応募、書類選考
  3. 面接
  4. 内定

ポジション検索は、ボッシュの採用ページで行うことができ、職種や事業部、勤務地などから探すことができます。

検索して自分にあった職種があれば応募します。応募はオンラインで行えるため、簡単です。その後書類選考を突破すると一次面接、二次面接があり内定という流れになっています。

ボッシュの求人情報

ボッシュでは、2021年1月時点で以下のような職種の中途採用を行っています。

  • エンジニアリング
  • 生産技術・製造
  • 管理部門(経理財務、法務、総務、人事、秘書・アシスタント)
  • 営業
  • IT

実際には上記の職種の中でもさらに細かく求人が分かれているので、詳細は必ずボッシュの採用ページを確認するようにして下さい。

ボッシュに関する評判まとめ

ここでは、実際にボッシュで働いていた、もしくは今も働いている人たちがボッシュに対してどのように考えているのか、その評判を紹介します。

働いた人にしかわからないリアルな情報であるため、転職活動の際の参考にしてみて下さい。

ボッシュの口コミ

ボッシュに対する口コミには「組織が強固である」「仕事ができる人が昇級する」といった意見があります。外資系企業ということもあってか、日本企業によくある年功序列のような仕組みはなく、能力のある人が出世するのが一般的です。

組織は強固で、仕事ができる人が昇級していく。外資ということもたり、年功序列で上司なったパターンはあまりないのでしっかり仕事ができる人が上にいきます。
(参考:「openwork」)
またヨーロッパでの知名度が高く、自動車部品関連の企業の中で圧倒的な開発力や生産能力を持っていることを強みとしてあげている人もいます。
ドイツ本国の技術力が高い。欧州、ドイツでも知名度は圧倒的。自動車部品業界では圧倒的な開発力、グローバル生産能力を持つ。
(参考:「openwork」)

給与・福利厚生

給与に関しては、先述の通り入社年次などに関係なく実力によって給与が決まっています。

ちなみに、マネージャーに昇進して年収800万円になるケースもあり、ケースバイケースであることがうかがえます。

年収事例:マネージャ昇任時で約800万円。

(参考:「openwork」)

また各種手当が若い人ほど豊富に用意されていること、社宅があることに触れている人もいます。

各種手当は、若い人ほど豊富にある。社宅制度もある。賞与もかなり高い水準にあると思う。このため、若い人で社宅または自宅の場合は、かなりの額の貯金ができると思う。

(参考:「openwork」)

さらに、会社全体で残業を厳しくコントロールしているため、残業代で稼ぐといったやり方は通用しないと述べている人もいました。

ちなみに部署にもよるが、全社的に残業時間がとても厳しくコントロールされているため、残業で稼ぐというやり方はこの会社では実現しづらい。
(参考:「openwork」)

高い給与を稼ぐには、仕事で結果を残すことがポイントとなりそうです。

仕事のやりがい・成長

仕事に関しては、先述の通りプロジェクトによっては海外で働く機会もあるため、その国の特徴や文化を知ることができる点に面白みがあります。

担当プロジェクト次第ではあるが、海外関連のプロジェクト担当になると、ビジネスを通してお国柄、文化の違いを体感でき、非常に面白味がある。

(参考:「openwork」)

またキャリア形成に関しては上司が自分のキャリアプランについて耳を傾けてくれること、教育制度が整っていることなどもメリットです。

長期キャリア面談など、人事や上長交えて先々のキャリアプランについて話し合える。

(参考:「openwork」)

一方で、自分からやりたいことを見つけること、上司に対してどんどん発信することが大切、と述べている人もいるなど、能動的な姿勢が求められることもうかがえます。

本人のやる気次第。研修や仕事は自分がやりたいことを見つけてどんどん自分から上司に発信していくことが大事。

(参考:「openwork」)

社内の雰囲気・人間関係

社内の雰囲気に関しては風通しが良く、下っ端の社員が役員と話をする機会なども珍しくありません。

スーパーホワイト。とにかく、労働組合が強い。下っ端でも役員と面談したりする機会があるなど、風通しは良い

(参考:「openwork」)

一方で出世していくと、日本の会社にもあるような社内政治もありいかに気に入って貰えるか、仕事で目立つ成果をあげるかといった点が出世のスピードを左右します。

ただし、上層部はドイツ本部を含め、どこにもある様な政治の世界。如何に上に気に入られるか、目立つ事仕事をしているかで昇進スピードが左右される。
(参考:「openwork」)

ボッシュに転職するための2つのポイント

ここでは、ボッシュに転職するにあたって覚えておきたいポイントについて解説します。

転職活動の際に利用するべきサービスについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

多様性を受け入れる姿勢を持つ

ボッシュは、ドイツや日本をはじめとして世界150以上の国で事業を展開するグローバルな企業です。

そのため、社内には様々な国籍の人、様々な文化的背景を持っている人たちが存在します。

実際に日本法人であるボッシュ・ジャパンにも、30以上の外国籍の社員が在籍しているそうです。このような多様性こそが、ボッシュの強みであり財産だと言えるでしょう。

言語は勿論バックグラウンドや慣習が異なる社員同士が一緒に仕事をし、成果を上げていくためにはお互いのことを理解し合うことが重要です。

そのため、多様性を受け入れる姿勢、性別や年齢、国籍、言語などに関係なく誰とでも分け隔てなく接することができる姿勢がボッシュで働くうえでは欠かせません。

仕事を通して信頼を得たエピソードを伝える

ボッシュの歴史は1886年にロバート・ボッシュが仲間と立ち上げた町工場から始まっています。

ボッシュは創業当初から、ただ利益を追い求めるだけでなく、企業の社会的責任をとることにも取り組んできました。

例えば、当時では珍しかった8時間労働制の導入をしてみたり、1936年にはドイツのシュトゥットガルトに病院を設立したりと、自動車機器にとらわれることなく様々なことにチャレンジしています。

この背景にあるのは、ロバート・ボッシュの持つ「信頼を失うくらいなら、むしろお金を失った方がよい」という信念です。そしてこの新年は今もボッシュ・グループ全体に根付いています。

このような点から、信頼を得られるかどうかは、ボッシュで働くうえで重要なポイントになると考えられます。

そのため「これまでの人生や仕事人生の中で、どのように信頼を獲得してきたのか」「そのために何に取り組んだのか」といった点について振り返り、情報を整理しておくことをおすすめします。

ボッシュに転職したいなら転職エージェントがおすすめ

これまでボッシュの仕事内容や年収・転職のコツについて解説してきました。

転職に時間をかけず、安定して内定を獲得したいと感じている人は、転職エージェントを利用することが最も有効です。

転職エージェントは求人の紹介から履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策や年収交渉まで、ほぼ全ての作業を無料でサポートしてくれます。

エージェントと聞くと敷居が高いと感じるかもしれないですが、非常に便利なサービスなので積極的に活用していきましょう。

転職エージェントを活用するなら業界で最も実績のある「リクルートエージェント」がおすすめです。

  • 求人数・実績ともに業界No.1
  • 過去の転職成功者の知見が得れる
  • 履歴書や面接のセミナーを定期開催

上記のように、求人数を網羅しつつ、過去の転職成功者の情報を参考にしながら転職活動を進めていくことができます。

簡単5分で無料登録できますので、是非利用してみて下さいね。

\簡単5分で登録/

[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://www.r-agent.com” target=”_blank”]詳しく確認してみる>>[/jin-button-shiny]

まとめ

今回は、ボッシュへの転職を希望する人に向けて、企業情報や採用情報、口コミ、採用フローなどについて解説しました。

ボッシュはグローバルに事業を展開する大きな企業であり、平均年収も一般的な企業よりも水準が高めでキャリアプランも立てやすい、などたくさんの魅力があります。

ぜひ今回の内容を参考に転職活動に取り組んでみて下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる