ボッシュの平均年収は?年齢や役職別の収入から就職難易度(偏差値)まで徹底解説

ボッシュの平均年収は689万円です。

ボッシュに転職したいと思っているものの「年収の推移や転職のポイントが分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、ボッシュの役職別・年齢別の年収推移から、就職難易度(偏差値)・転職する時のポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確なものにすることができますよ。

目次

ボッシュの平均年収は689万円

ドイツの多国籍エンジニアリングであるボッシュの、平均年収や業績推移を見てみましょう。

ボッシュの平均年収

製造業としては世界で上位20社に入る大規模なボッシュの平均年収は689万円です。

日本のサラリーマンの平均年収は400万円程度なため、ボッシュの平均年収は平均より高いと言えるでしょう。世界中に革新をもたらす製品開発を数々と発表し、今もなお成長を維持し続けています。
また、役職の有無で平均年収は、大きく変わるよ。

ボッシュの業績推移

ボッシュの過去3年間の業績推移は以下の通りになります。

売上高(収益) 営業利益
2017年 2,982億円 245億円
2018年 3,288億円 375億円
2019年 3,236億円 337億円

世界を見ると、自家用車や商用車の規模は縮小していますが、日本においては堅調な業績を維持している結果となりました。

ボッシュでは自動車関連のテクノロジー以外にも多彩に事業を展開しており、産業テクノロジーや電気工具などがあるため自動車業界全体よりも高めの水準となっております。

2020年は近年の社会情勢もあり、業績は厳しくなるものとして公開は控えられました。

ボッシュの年齢や役職・学歴別の平均年収

ボッシュの平均年収は689万円ですが、年齢や役職・その他学歴によっても生涯収入に差は出てきます。

ボッシュの年齢毎の年収推移

ボッシュの5歳ごとに分けた平均年収は、以下の表のようになります。

年齢 平均年収
20~24歳 約400万円
25~29歳 約600万円
30~34歳 約700万円
35~39歳 約750万円
40~44歳 約800万円
45~49歳 約880万円
50~54歳 約900万円
55~59歳 約870万円
60~64歳 約560万円

自動車業界の平均と比較すると、20代前半と60代を除いた年齢でボッシュの平均年収は高くなっています。

また、日本全体の20代前半の平均年収は248万円となっているため、高い収入と言えるでしょう。

この表の通り、年収のピークは50代前半であることがわかります。

ボッシュの役職毎の年収推移

ボッシュの役職毎の年収の推移は以下の通りです。

役職 平均年収
部長 約1,200万円
課長 約940万円
係長 約700万円

この表から分かる通り、部長と係長では年収に約500万円もの差があり、役職が付いているかで年収は大きく変わります。

ボッシュでは様々な職場環境が整っており、自分の居心地の良い環境を見つけられると自分の才能を最大限に引き出すことができるため、昇給も期待できるでしょう。

様々なプログラムがある分、チャンスも多くあるよ。

学歴による年収の差

ボッシュの学歴による年収の差は、以下のようになります。

最終学歴 初任給
大卒 約21万円
大学院卒 約25万円

年収では大卒だと約700万円、大学院卒では約750万円となっています。

通常の企業では、大卒と大学院卒では初任給の差は約2万円、ボッシュでは約4万円と最終学歴の違いで基本給の違いは大きいものがわかります。

しかし、ボッシュは年功序列ではなく実力主義なため学歴の違いよりも、実力の違いの方が重要でしょう。

実力主義だから、積極的で向上心を持っている人が働きやすく、年収に差も出やすいよ。

ボッシュの生涯年収

ボッシュの平均年収は689万円なため38年間勤めたとすると、生涯年収は約2億6,000万円となります。

サラリーマンの生涯年収の平均は約1億6,000万円となっているため、約1億円もの大きな差があります。また、昇給や勤務地次第ではこれ以上の生涯年収となることがあるでしょう。
日本の自動車メーカーの中でも高い分類になるよ。

多角的な分野で成長を続けるボッシュの強み5つ

世界約150カ国で事業を展開し、39万人を越える従業員数がいるボッシュでは様々な強みがあります。

4つの事業

ボッシュは自動車産業だけではなく、4つの事業があります。

手掛けている事業が多いため様々な視点から学ぶことができ、自分にピッタリな環境を探すことができるでしょう。

研究

ボッシュでは投資を惜しんでいては新しいモノは作れないと、研究開発費に毎年9000億円を投資する独自の経営体制があります。

そのため長期的な視点に立ち、研究開発に取り組むことができています。

世界中の125拠点6万4500人のエキスパートと日々研究することで、良いアイディアが生み出されています。

また、特定のメーカーグループに属していないため、革新的なアイディアを出しやすい環境が整っており、自分がアピールする数多くのチャンスもあるでしょう。

エンジニアリング

より安全かつ快適に車を楽しめるよう、モビリティのネットワーク化や自動化を強化しています。

例えば、最新の車では搭載されるネットワーク上のシステムが多いため、高い信頼性で管理する必要があります。
思慮深く、冷静に考えられる人材が求められるでしょう。

モノのインターネット化

モノのインターネット化が進むと生活のほぼ全てで製品がスマート化していくため、新しい可能性を広げます。

自動車関連でインターネット化が進んでいくと、例えば自分のスマホが車のキーになったり、わざわざ駐車スペース探しをせず簡単に駐車ができるようになります。
最先端の技術に携わることができると、これからの時代をボッシュと共に作っていくことができるでしょう。

製造

生産やロジスティクスプロセスの最適化で、効率的で発展的なものの流れを目指しています。

さらに機械同士を通信させ生産の高速化をし、安全性を高められるソリューションの開発をしています。

ここでは、データを収集・分析し、様々な企業へ新しいチャンスを提供することが求められます。

独自の経営体制

ボッシュでは独自の経営体制があり、多くの資金を研究開発費に充てることができるため、新しい挑戦をし続けることができます。

資本と経営を分離しているため財務上の独立が実現し、安定した経営をしつつも、日本円にして約9000億円の資金を研究開発に充てることができるのです。

自分のアイディアを生かし、差別化できている画期的なソリューションを生み出す研究開発に携わりたい人に向いているでしょう。

また、投資以外の利益は全て会社に還元されているため、働きやすい環境も実現されています。

世界でも珍しい経営体制があるから、世界に向けて新しい挑戦をすることができるよ。

数々の世界初を発明する技術力

ボッシュは世界中のエキスパート達が日々研究に励み、数々の「世界初」の製品を世の中に送り出しています。

例えば、アンチロックブレーキシステム(ABS)、横滑り防止装置(ESC)などの高い技術を他社に先駆けて量産化に成功し、時代を切り拓いていきました。

特にIoTの分野では、リーディングサプライヤーを目指したい人に向いているでしょう。

また、自動車だけではなく、自転車やバイク、農業や工具など、様々な幅広い分野でも画期的なシステムが発表されています。

ボッシュではあなたのアイディアも大切にされ、そして生かされるでしょう。

離職率1%台の理由

ボッシュは「人こそが企業の財産」と公言しており、社員一人ひとりの仕事と家庭のワークライフバランスを大切にしているため、離職率1%台という数字となっています。

例えば「一般在宅勤務制度」では、特別な理由が無くても月合計40時間までの在宅勤務が認められています。

さらに、フレックス制度が活用されており、就業時間は自由度が高いため多様な働き方が支援されていることが分かるでしょう。

また、育児関連の制度は以下のような取り組みがあります。

  • 育児休暇は、子供が1歳6か月になるまで取得可能
  • 時短勤務は、子供が小学校6年生になるまで可能

これらは女性社員だけではなく、男性社員にも適用されるため家庭ができても充実した生活が送れるでしょう。

年収だけじゃなく、労働環境も重要だよね。働き方の自由度が高いからプライベートが充実し、仕事も頑張れるよ。

充実した人事制度

ボッシュでは幅広いスキルアップができたり、グローバルに活躍できる充実した制度が整っています。

人事制度が充実しており、チャレンジ精神や好奇心に答える環境が十分に整っているため、大きく成長できるでしょう。

人材育成トレーニング

全体で人材のクオリティーが一律となるために、様々な研修が充実しています。

新入社員研修はもちろん、年間400を超えるセッションがあるコーポレート研修や、新しい形の研修のNew Learning methodなどがあります。

身につけたいスキルを会社で学ぶことができるため非常に効率が良く、生産性も上がるでしょう。

キァリアアップ制度

自分らしいキャリアをデザインできるよう、様々なプログラムが揃っています。

グローバルリーダーを早期発見するためのJADPや、キャリアにフォーカスしている個別育成面談プログラムなどがあり、相談しながら自分が描いているキャリアを実現していくことができます。

一人ひとりのペースで進められるプログラムが揃っているため、自分が目指しているキァリアアップがしやすいでしょう。

海外での活躍のサポート

世界約60カ国、120の拠点があるため、海外で活躍できるチャンスが豊富にあります。

世界各国への海外赴任の機会が豊富にあるため、異文化環境の中で様々な経験を積み、国際的に活躍するためのスキルを磨くことができます。

また、本人・家族のための渡航準備や、その他にも様々なサポートがあるため安心して海外赴任に踏み出すことができるでしょう。

ボッシュの就職難易度(偏差値)は55

ボッシュの就職難易度(偏差値)は55です。

他の企業と比較して、どの程度のランクに属する企業なのかを知っておきましょう。

就職偏差値 企業名
75 トヨタ自動車, デンソー, 豊田中央研究所
70 本田技研工業, ブリヂストン, 豊田自動織機
65 日産自動車, アイシン精機
60 SUBARU, いすゞ自動車, マツダ, スズキ, トヨタ車体, トヨタ紡織, ヤマハ発動機, 横浜ゴム
55 三菱自動車, 日野自動車, 豊田合成, ダイハツ工業, NOK, ボッシュ, フタバ産業, 住友理工, テイ・エス・テック, 日産車体, ジーテクト, エイチワン, 愛三工業, 新明和工業, 八千代工業, 曙ブレーキ工業, 日本特殊陶業, TOYO TIRE
50 大豊工業, マレリ, ユニプレス, タチエス, ヨロズ, 東亜工業, KYB, 武蔵精密工業, 日本プラスト, 日立Astemo, 三菱ロジスネクスト, 河西工業, トピー工業, 極東開発工業, 日信工業, 岐阜車体, 日本精機, ハイレックスコーポレーション, エフテック, プレス工業, エフ・シー・シー, ユタカ技研, 太平洋工業, バンドー化学, エクセディ, ジャムコ, タカタ, チエス, 日本プラスト, IJT, 三櫻工業, シロキ工業, 今仙電機製作所, 日本車輌製造, 富士機工, 極東開発工業, 西川ゴム工業, 大同メタル工業, 鬼怒川ゴム工業, フコク, モリタHD, 村上開明堂, 自動車部品工業, ダイハツディーゼル, ニチリン, 東京ラヂエーター製造, 日本電産トーソク
45 深井製作所, 千代田工業, 丸順, ティラド, ミクニ, ニッタ, オカモト, ファルテック, GMB, 三ツ星ベルト, サノヤス, アイメタルテクノロジー, TBK, 日鍛バルブ, ティラド, ミクニ, オカモト, ファルテック, 田中精密工業, ユニバンス, 安永, 佐世保重工業

就職難易度(偏差値)は大学の偏差値とは異なるもので、入社難易度の目安としたものとなっています。

そのため、あくもでも参考値として捉えておきましょう。

ボッシュに転職する時の3つの注意点

ボッシュに転職する際に注意すること3つを紹介します。

多様性を尊重できることをアピールする

ボッシュでは、従業員を大事にしており、一人ひとりそのポテンシャルを最大限に発揮できるために、多様性であり尊重できることが求められています。

ボッシュには「Diversty is our advantage」という言葉があり、様々な性格や文化的背景を持っている人たちがお互いを認め合い、受け入れ合うことがインスピレーションが生まれ、生産性も上がると考えられています。

従業員が多様性であるメリットを自分ならどう活用するのかや、さらにどのように発展できるかを具体的に伝えられると良いでしょう。

従業員が自然体でいることがボッシュを豊かにし、彩るという考えがあるよ。

イニシアチブを持っていることをアピールする

ボッシュでは、業界の中で先取りをした変化を自ら創造するような、イニシアチブを持っている人が求められます。

精密機器と電気技術作業場を設立して以来、数々の「世界初」の発明を生み出しています。

これからさらなる革新的なアイディアや、先進技術を世界中に送り出すためにも、時代の先頭に立って全体の動きをリードする気持ちを持っていることが重要です。

例えば、自発的に行動し、強い意志を持って学び続けるという姿勢や、時代と共に自らも変化し続けることなどが具体的にアピールできると良いでしょう。

さらに、これまでの経験をボッシュではどう活用できるのかも説明できると良いです。

即戦力であることだけでなく、リーダーとしても期待されやすくなるよ。

グローバルに活躍できることをアピールする

ボッシュは、全世界60カ所を超える海外の拠点へ駐在できるチャンスがあり、グローバルな環境での適応力が求められます。

自動車機器だけではなく、電動工具や産業機器テクノロジーなど4つの事業それぞれの分野で世界をリードしており、世界的な幅広い視野で活躍することが革新を生み出すと考えられています。

そのため世界での交渉力や、多様性のあるチームを上手く機能させることができることなどをアピールできると良いでしょう。

積極的だったり、失敗を引きずらないなど、性格面もアピールできると良いでしょう。

本気で転職したい人は大手エージェントを使うのがおすすめ

本気で転職したい人は大手サイト・エージェントを使うのがおすすめ

ここまで評判や口コミについて解説してきましたが、本気で転職したいと感じている人は大手転職エージェントの利用がおすすめです。

履歴書や職務経歴書の添削から面接までの日程調整・年収交渉までサポートしてくれるので、転職にかける工数を限りなく少なくすることができます。

転職エージェントを利用する場合は、リクルートエージェントが最もおすすめです。

リクルートエージェントがおすすめの理由
  1. 転職支援実績No.1
  2. 10万件以上の求人数
  3. 豊富なセミナー・イベントの開催

転職活動で「良い会社と出会いたい」「できるだけ待遇の良い会社を見つけたい」と感じている方は、リクルートエージェントを使うことで漏れなく探すことができますよ。

\ サービスは無料 /

リクルートの評判や口コミを実際に確認してみた

まとめ

以上で、ボッシュの年収に関する記事を終わります。

ボッシュには、多様性を受け入れ時代の先頭をリードし、グローバルに活躍したい人に向いています。

あわせて読みたい
ボッシュに転職するには?仕事内容から就職する為のコツも解説
ボッシュに転職するには?仕事内容から就職する為のコツも解説 ボッシュに転職するには? ボッシュの仕事内容や年収も知りたいこんな悩みに答えます。自動車関連の事業を展開する企業で働きたい、海外で働きたいといった希望を持...
ボッシュに挑戦しようと考えている方は、是非上記の記事も参考にして下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転職を複数回重ね、平均年収1000万円を超える大手企業からベンチャー企業まで経験してきました。転職や就職活動におけるノウハウや、仕事の悩み、ビジネススキルに関する情報まで幅広く発信していきます。

目次
閉じる